豊田美智子の自己紹介

私の専門:「コーディネート」とは

toyoda

私自身の専門である「コーディネート」とは、言い換えれば「調整屋」です。
組織内、組織間、セクター間等、さまざまな場で連携が必要と叫ばれ、連携の協議の場が作られつつありますが、その多くが総論(目的など)賛成・各論(各事業所の思惑など)反対のジレンマに陥り、連携とその調整がなかなか進まない状態にあります。

このような連携の場で総論と各論の道筋をつくるべく、私は経営を社会変革の道具とみなし、以下のような特徴と考え方をもって、コーディネーターとして多くの方々と一緒に活動しています。
なお、調整の対象(連携の対象)は、当事者(人、組織・団体、機関、施設等)、情報・知識、専門家などで、調整の内容は、参加、議論、進行、体験、企画・設計、物語、行動などです。

コーディネーターは司会者ではありませんので、進行は調整しますが、結果は調整いたしません(結果ありきではありません)。
ただしその内容によっては、コーディネートできない場合、したくない場合もあります。

私の特徴

46b03236f30ba7c4ab7436233ceb0227_s

思考
私の思考は、理系、文系、文理融合の考え方をバランスよくもっており、理系の事務屋として、構造を描き出しながら仕事を進めます。

b06bcf20b3f8091925a4c94dd34c958a_s

方針
私の方針は臨機応変です。逐次変化する現象を論理性と感受性で捉えることと、3割の準備をもって7割の変化を楽しむことを、私は臨機応変と考えています。

4afe95f545a587155ecc296361c05c3e_s

頭の中
私の頭の中は図と表になっています。現象や思考を図や表で捉え、図や表で理解し、図や表で考え、図や表で伝えることを推進しています。

033c97212892a6830469375fcbb88003_s

経験
私は企業、行政、NPOのいずれのセクターも経験し、それぞれのあり方や特徴、仕組み、メリット・デメリット、限界などを知っています。

6c363cc3dd3ae888e9f97f05033e2398_s

考え方
私は経済か社会か、と分けて考えていません。営利組織にも非営利組織にも、経済性と社会性を持ち合わせて欲しいと考えています。

活用している考え方

2a0ef40a1968defc32c11fcdae38e6a6_s

私の考え方(認識)の中心はシステム論です。
システム論は、現象の背後にある構造の同型性を捉える構造主義的な考え方と、要素間の相互作用による創発を促す全体論的な考え方の2つを持ち合わせています。
構造主義とは、モダン(近代:論理実証主義)とポストモダン(脱近代:構成主義等)の橋渡しをする考え方でもあります。
また、1つの理論だけを持って(私は一論信者と呼んでいます)コーディネートはできないと考えていますので、理論の引き出しを増やし続けています。

802fba9ec3875ebae6e009c2b644cae4_m

各種の調査・研究方法論
複数の調査・研究方法を組み合わせ活用しています。
例:定性的方法論(フィールドワーク、ケーススタディ等)、定量的方法論(記述統計、多変量解析、共分散構造分析等)

ac7339897bb682419d5934505d6b7e6a_m

パソコンスキルの活用
プログラムは組めませんが、Excel/Word/PowerPointのスキルは高い方です。

pixta_20841635_M

罫線のない白い紙やスケッチブックの活用
白い紙やホワイトボードの上で、図や表を作り上げていきます。

私のミッションとドメイン名の由来

4055630_m

真実の追求
"常識"とは何か。私は"常識"とは、作られたものと考えています。"常識"をもう一度見直すと、それがおかしいことに気づきます。そこで私は、一度"常識"を疑ってかかり、本来はどういうことなのかという真実の追求をしていきます。

4606101_s

社会問題の提起
社会の中にある、隠れた問題を提起しています。それを政策提言(アドボカシー)することもあります。社会の中には、政策の谷間に陥ったひとがたくさんいます。それを企業によって解決したり、行政に解決するように依頼したり、協働により解決していきます。

4314183_s

励まし合い
支援するではなく支援し合う、これが協働です。同じく、励ますではなく励まし合うこと、これも協働だと思っています。コミュニケーションは一方通行では成り立ちません。双方向になるよう、自分の意見を一方的に押し付けることはいたしません。

3497777_s

ドメイン名とWEB名をtoyodamichiko.jpとしている理由
私の事業所名は「構造化コーディネート研究所」と言います。見て、つなげて、組み立てる、をキャッチコピーとしています。でも、私は私個人名で働いているという意識が強く、また、事業所名は時代や自分のステージによっていつ変えるかわかりませんので、私個人名でドメインを作りました。
また、.jpを選んだ理由は、日本国を大切にしたいという気持ちからです。toyodamichiko.jpをどうぞよろしくお願い申し上げます。