2016/12/21 リンデロン中止84日目・糖質制限174日目:農業委員会を説得させるには。

大学院時代の友人が、ふるさとでお父様と一緒に、耕作放棄地の営農型太陽光パネル(農業をしながら太陽光発電も行うタイプのもの)の設置を進めています。私とも何度かメールをやり取りし、ビジネスモデルを考えました。
コンバイン等が通れるような高さの太陽光パネルではなく、高さ1メートルぐらいの位置に設置し、足元にレッドクローバー(牧草になります。サプリメントにも使われています)を植えようとしています。
すでにふるさとでは実績があり、それをもっと展開していくために、とある市町村の農業委員会に掛け合いました。
〜*〜
すると、営農型太陽光発電であっても、地目は農地から雑種地に変わると言われたそう。おまけに、20種類もの複雑な書類を出せと言われているとのこと。
行政書士の資格保持者で、司法書士試験にも挑んでいる友達ですら、辟易するような書類です。私も一覧を見せてもらったけれど、とてもじゃないけど揃えられるものではありません。
それでも友達は書類を揃えて、農業委員会に出し続けています。ただ、農地として認めないという書類は出さないようにしています。
〜*〜
大量の資料の提出に、農業委員会は怒りを爆発させているようです。果ては書類を受理しないとまで言い出したそうです。
過疎地の田畑で、何メートルにも渡る草が生い茂り、他の営農中の農地や生態系だけでなく、人間の身体にも悪影響を及ぼしかねない状態になっています。そのような土地を地主が営農型太陽光発電を設置し、レッドクローバーの管理を地元の障害者作業所の利用者の方の仕事とするという農家のビジネスモデルを、農業委員会は何とかして潰そうとしています。
地元の農家さんは高齢のため、農地を拡大して営農したいという気持ちはありません。そんな農地を守っていく1つの手段として、また、営農だけでは食べていけない高齢農家の収入源の1つとして、営農型太陽光発電をやりたいという農家さんが、友達のふるさとでは増えて来ています。
〜*〜
この友達が交渉を続けている市町村の農業委員会だけではなく、私が関わったことのある農業委員会も頭が固かったです。友達は都道府県と国に働きかけると言っています。私もお手伝いしたいと思います。

3 thoughts on “2016/12/21 リンデロン中止84日目・糖質制限174日目:農業委員会を説得させるには。

  1. まる 返信する

    御ぶさたしています。
    以前、書き込みました、橋本出身のまるです。(ペンネーム変更しました)
    ステロイド治療されてるんですね。
    リウマチ性多発筋痛症は、筋力低下や、筋委縮などはありますか?
    とくに筋委縮に関しては、全身(どのあたり?)ですか?
    私も一旦、診断されたのですが、違うということで、再入院検査をすすめられています。ただ、私の場合、あごの震えなどもあるので、、むつかしいところです。
    よろしければ、筋委縮の度合いや、筋力、やせ、など教えていただければ助かるのですが。お辛いところ申し訳ありません。
    また、検査はむつかしいと思うのですが、
    診断の経緯はどう判断されたのでしょうか?
    いろいろ伺いすみませんです。

  2. toyokosan 返信する

    ごぶさたしています。コメントをありがとうございました。まるさんに変更されたのですね。
    ステロイド治療、いまは中止しています。中止して、約3ヶ月が経とうとしています。今も身体が時折痛みますが、ステロイドを飲まずがまんしています。
    私の場合、ふらつきや筋力低下、やせ、身体の痛みなどが、1ヶ月間ぐらいで起こりました。更年期障害が始まったか、甲状腺ホルモンの異常を疑い、両方診てもらえる同じ市内の病院に行きました。その結果、更年期障害も甲状腺ホルモンも異常はありませんでした。ただ、CRPの値が高くなっていました。リウマチの検査もしてもらいましたが、抗体は出ませんでした。
    その結果、この病院の先生が、リウマチ性多発筋痛症が疑われるから、膠原病を診てもらえる病院に行ってみて、とおっしゃいました。
    たまたまアレルギー等を診てもらっていた内科の先生が膠原病も診ておられたので、相談に行きました。結果、多発性筋炎かもしれないとのことでした。ただ、こちらも血液検査では結果が見られず、相変わらずCRPだけが高い状態が続いていました。身体の痛む場所(体幹と近位筋)がリウマチ性多発筋痛症と似ていたので、とりあえず、ステロイド治療をすることになりました。
    発症時、筋力低下はありましたが、筋萎縮はありませんでした。痩せはありました。1ヶ月足らずで、5kgほど痩せました。
    ちなみに、慢性疲労症候群の方でも、痩せと筋力低下がありました。筋萎縮も脚に見られました。
    再入院検査を勧められているとのこと。私が入院した時、15年かかってようやく血管炎と分かったとおっしゃるおばあさんが同室にいらっしゃいました。膠原病は、すぐに特徴が見られるものと、そうでないものがあるので、何度か検査が必要になることがありますね。
    私も、最初に診てもらった先生に、リウマチ性多発筋痛症と言われなかったら、今もまだ痛みで苦しんでいたかもしれません。
    あまり参考にならないお返事かもしれませんが、どうぞお大事になさってくださいませ。

  3. まる 返信する

    とよさん、詳しくいろいろとありがとうございます。人生いろいろですね。参考にさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。