Yamanishiさんのお墓参りに行ってきました。

皆さま、お久しぶりです。12月に尊敬するFBF、フレンドと言っては失礼にあたる人生の良き先輩であるKazuhiro Yamanishiさん(山西さん)が亡くなられてから、昨日まで投稿を控えておりました。私なりの喪中です。私は山西さんと昨年11月半ばに30分程お会いすることができました。でも、その1ヶ月後に山西さんがお亡くなりになられたので、強いショックがありました。今でも涙が止まりません。

本日、山西さんのお墓参りをするために、ジェントルマン神谷さまの車で山西さんの会社の前を通り、山西さんのお墓(大林寺)、そしてご自宅に連れて行っていただきました。本来は会社の前を通っていただき、お墓参りだけさせていただいて帰宅する予定だったのですが、お墓にご長男さんと長女さん、長女さんの娘さん(山西さんのお孫さん)がわざわざいらしてくださり、ご自宅に上がらせていただきました。そして、ご仏壇の前で手を合わせ、山西さんが愛したネコ(ココと茶々)に会わせていただきました。

お寺は寒桜が咲いていて(画像)、お寺の総代の山西さんも鳴らしたかったであろう鐘(画像)がありました。お墓は山西さんの時代に古いものから新しいものに建立された、立派なお墓でした。私はなんのお供えがいいかと考えた末、山西さんの大好きだったコーヒーを持参しました。いつも陶磁器のティーカップにお皿を添えて、奥様がホットのブラックコーヒーを山西さんのところにお持ちになっていたので、同じように私もしようかと思いました。でも陶磁器は割れるので、プラスチックの白いコップにペットボトルのブラックコーヒーを注ぎ、お墓に添えて山西さんに感謝を伝えてきました(画像:薬でパツンパツンに太った私が邪魔?)。お線香は神谷さんがご用意してくださっていました、さすがジェントルマンです。お墓参りなのに、私はお線香を持参するのを思いつきませんでした。

ご自宅のお仏壇の前で、再度、山西さんにご挨拶した後、山西さんの亡くなられた時のご様子を奥様からお聞きしました。お二人で会話をされていて、ほんの数分、会話が途絶えた後、山西さんはお亡くなりになられていたとのことでした。その時、ココが山西さん横で座っていたとのこと。ココは本当にお父さんが好きだったもんね。

ココ(画像:アメリカンショートヘア)も茶々(画像:マンチカン)も、ちょっと人見知りをしていました(茶々は特に人見知りが激しく、直接、会ったり写真を撮らせたりしてもらえませんでした。画像はお孫さんの撮影です)。私はココのアゴをなでさせてもらい、きれいなショートヘアを触らせていただきました。ココも茶々も、お父さん(山西さん)がいつも写真を撮りに来る場所に、今でもいることが多いそうです。まだお父さんがいなくなったことがわからないのかもしれません。でも、そうであって欲しいな、と思いました。

ゆっくりと、かつ、山西さんの生きてこられた道を後から歩むように、半日が過ぎて行きました。神谷さん、本当にありがとうございました、山西さん、いろいろなことを教えていただき、ココ・茶々コント?(山西さんの撮影された画像に、私がセリフをつける)も楽しませていただき、本当にありがとうございました。これからも天国で私たちを見守っていてください。Facebookで友達申請いただき、約3年に渡ってやりとりができたことに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。