カード番号漏洩問題その2

(nanacoの件その2:昨日日曜日)nanacoクレジットカードの件で、アドバイスをいただいたように警察に被害届を出しに行きました。すると、被害者は三井住友カードになるとのこと。三井住友カードが銀行からお金を引き落とすのに、ウソの情報を元に引き落とされているので、私が被害者ではなく、三井住友カードが被害者だそうです。とりあえず、月曜日に三井住友カードに連絡します。あー、大変だー。誰がどこからどのようにして悪用したのか。。

↓↓↓

(nanacoの件その3:本日月曜日)nanacoクレジットカードの件で、早速、三井住友カードに電話しました。すると信じられない言葉が。。「三井住友カードに関係ありませんので、nanacoにご連絡ください」・・・。
仕方なく、またnanacoカードに電話すると、「nanacoチャージならこちらで承りますが、nanacoクレジットチャージと書いてある限りは、クレジットカード会社の責任です」とのこと。
そこで、またまた三井住友カードに電話しました。結構待たされた結果、結論は私の引き落とし照会に書かれている”nanacoクレジットチャージ”は消させていただきます。”とのこと。
昨日、警察に被害届を出しに行ったら、三井住友カードさんが被害者になると聞きましたと伝えたところ、「それは警察がよくわかっていないからです。被害者はnanacoクレジットカードです」とのこと。犯人を見つけるために、nanacoクレジットカードに連絡して購買履歴を見てみたいと伝えましたが、nanacoのよほどの上司でないと犯人探しはしてもらえません、と言われました。

 ↓↓↓

とりあえず、私のAMAZONクラシックカードの11月分請求の中にあるnanacoクレジットチャージは、不正請求として消してもらうことになりました。あとは三井住友カードとnanacoクレジットチャージで話をするとのことです。
不正にカードが使われたということなのに、こんなにたらい回しの対応を受けるとは思いませんでした。
とりあえず、不正請求の金額は引き落としされないという結論に至り、ひとまず安心しています。もうカード番号が漏洩されないように、カードの枚数を増やして、それぞれのサイトで違うカードを使うようにいたします。
アドバイス・ご意見をいただいたみなさま、ありがとうございました。感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。