リハに行きたい。

 ・・・って週2回通ってるんですが、今すぐ行きたい。鎖骨の周りのリハをして欲しい。鎖骨の周りが硬くなると、喉が苦しくなり、息苦しくなり、咳が出てくる。喉にノドボトケができた感じになる。しゃべるのがつらくなってくる。今すぐ、鎖骨周りのリハをして欲しいよう。

 整体のできるOTさんによると、これらは呼吸筋(鎖骨の周り=呼吸筋)が硬くなると起こる症状だそうで、腕の疲労などでも鎖骨の周りに負担がかかり、鎖骨周りが硬くなったり痛くなるそうです。私は鎖骨・肋骨周りの呼吸筋に加え、横隔膜も硬いんだそうです(萎縮はしていないそうです)。でも呼吸筋の硬さによる息苦しさは、呼吸筋の弱さによる息苦しさとはまた別の症状であり、ALS患者でなくても、肺の病気だと思って受診したけれど肺には異常がない、そんな方にも鎖骨周りの硬さが見られることがあるそうです。

 で、自分で鎖骨を軽く押してみたけれど、跳び上がるくらい痛い。お湯につけたタオルを絞って暖めようと思っても、握力が弱くてタオルが十分に絞れないし、温かい時間も短い。スーパーにミニカイロ探しに行ったけれど、売ってなかった。そりゃ夏だもんね。通販で売ってたレンジ型ホットパックはラベンダーの香りがするらしいから私には使えない(ハーブが苦手なアスピリン喘息おねえさん?おばさん?)。介護用品として売っていたものがあるけれど、価格が高い。今度また探してみよう。

 先日、体温を上げる魔法が欲しいと書いたら、願いがかなったのですが、今度は体温が上がりすぎてしんどいです。鎖骨に加え、頭が痛いです。仕事も手につきません。今日は終日ひたすら寝てました。夜中になると気管が縮まるので、更に息苦しくなって眠れません。PF(ピークフロー)も下がってきたし。。

 前回のアレルギー内科の受診の時に、喘息患者がよく使う貼り薬の1つである「ホクナリンテープ」(テープ型の気管支拡張剤:夜に胸に貼って寝ます)を、“汗でかぶれるから今月はいらない”と言って断ってしまったので、手元にテープがない。吸入型の気管支拡張剤は副作用のため使用回数に限定があるので、頻繁には使えない(頻繁に使うようなら、他の治療がうまくいっていないことになる)。ちくわのように、ふにゃふにゃの気管支だったら、もっとラクなんだろうな・・・ってその方がすぐに傷ついて危ないか。

 いただいたメールへのお返事とお仕事、明日以降に致しますです。ごめんなさい。最近、元気な話がないなあ。。

(おまけ)
 机と引き出しを利用して「すのこ」をおいてPC操作の際の腕置きに使っていたのですが、たった今(am3:10)、引き出しが壊れました。今日はついてません(–) 奥行きの狭い机なので、新たなる作戦を考えないといけません。もう少し大きなサイズの「すのこ」を買ってくるか。。。
 am3:17、「すのこ」と「本」を何冊か利用して、何とか応急処置完成。当分は何とかなりそう。実況中継してスマヌです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。