Drいろいろ

 今日は夕方が眼科受診、夜にリハ病院受診でした。通院が続くと疲れます。

 眼科は相変わらずのベルトコンベア方式による30秒診察です。でも眼科Dr、めっちゃ賢いわ。前回のカルテに目を通されるスピードが早いし、短い言葉で質疑応答をされ、決断をされる。経営者に向いたDrです。でも一応、今日でおしまい。ステロイド点眼をとりあえず終えることができたので、アレルギー結膜炎の点眼薬だけならアレルギー内科で処方してもらえるからです。通院先を減らせてよかった。でも、またかゆみや目やにがひどくなったら、速攻、眼科受診することとのこと。ステロイド点眼は眼科でしか処方していただけないので(緑内障になる危険性があるから)。あとは複視を調べていただき、新しいプリズム眼鏡作成の処方箋をいただくために、視能訓練士さんの診察を受けるのみとなりました。プリズム眼鏡かけて複視を調整できているけれど、0.4の視力しか見えないのはつらい。

 夜はリハ病院でリハDrの診察でした。前回の神経内科病院の診察結果や、リハを始めて1ヶ月経った感想などを話してきました。結局、前回の神経内科の診察でも、タイプのよく分からない非典型的なALS疑いとなりましたと話をしたところ、神経内科医でもいらっしゃるリハDrから「ALSなんていう名称は人が決めたもの。ALSでもパーキンソンでもまだまだ分からないことだらけ。どんなタイプかは気にせず、障害を持っても前向きに生きていく方法と、自分の身の安全を守ることとの両立を考えていきましょう。それがリハビリだから。」というご返答をいただきました。

 人が決めたもの、社会が決めたもの・・・それを鵜呑みにしてはいけない。常識あるいは科学を疑うということの大切さ、今ここにある日常をそのまま見る大切さを、リハDrの言葉で思い出させていただきました。これは現象学と言われる哲学の一分野ですが、リハビリテーション医ないしはリハビリのセラピスト(PT/OTなど)なら、どこかの過程で恐らく学ばれることです。それをどこまで継承されるかは、習っただけで忘れられる方からご自分の治療方針とされる方までいろいろいらっしゃいます(どちらがいいとは言えない)。私のリハDrは、現象学を治療方針にされているのかなと思いました。で、そのDrの診察を受けた(難しいんだけれど)現象学好きのちゅーとはんぱなALS疑い患者は、ちゅーとはんぱをそのまま受け入れ、ちゅーとはんぱ道を極めます(^^)

 明日はアレルギー内科の通院です。スパイロと血ガス検査をしてもらってきます。手首からの採血、痛いだろうなあ(–) 嫌だなあ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。