お尻の記憶と喉の記憶

 今日はリハでした。午前中が外来リハなのですが、いつも大盛況。時間の予約はなく到着順でリハが行われますが、その日の曜日に応じて、また送迎サービスもあるので、だいたい各人ごとに時間ポジションが決まっているようです。そんな中、一人で自転車で通院する、かつ手のかかるリハ患者である私は、先人の邪魔をしないよう、午前11時頃に受付を済ませ、大抵1〜2時間くらい待って(待っている間、ベッドが空いていれば寝かせてくれます)、実際にリハが始まる20分くらい前からホットパックをしてもらうというのが通常のパターンです。

 なので、自宅へ帰るのはたいてい午後2時過ぎになります。それから仕事へ出かけるのも中途半端だし、そもそもリハの後は疲れるので、できる限り予定を何も入れないようにしています。でも今日は、仕事先のとある市から緊急お呼び出しがあり、リハが終わり次第、速攻で出かけてきました。リハの後は脱力しているから、運転ちょっと怖かったなあ。また月経痛の後はどっと脱力感がやってくるので、リハとの相乗効果で今日は身体がふにゃふにゃでした。

 話を本題に。最近、頭による記憶と身体による記憶って異なるなあ、と感じます。身体化された記憶って大切ですね。そんなことを感じた理由を2つほど。

 私はALSになる前から、介護・福祉施設のアドバイスや立ち上げの仕事、また自分自身のヘルパー資格取得などで、何度か何種類かの車椅子に乗る経験をしています。実際に押して移乗してみたり、逆に乗せてもらって移乗してもらったりで、車椅子の便利さ・怖さを経験したり、通行の条件等を学びました。先週、少し久しぶりに、あるところで車椅子に乗りました。介護保険を使って2500円でレンタルされている方の車椅子です。たまたま他の椅子に座っておられたので、2500円の車椅子の乗り心地を試させていただきました。

 身体、特に腰が痛い。首がだるい・・・などが私の感想です。その方はご自分なりにクッションなどで調整し、こんなもんやで〜っとおっしゃっておられました。でもその時、私の身体、私のお尻は思い出しました。今、広島で悪行?中のma-biさんと一緒に、大阪市の身障者センターで座らせてもらったドイツ製の車椅子の感覚を。。。車椅子って、私にとっては自動車・自転車がダメになった時の移動手段(だから電動がよい)と考えているから、早いうちに取り入れようと思っています。でも車椅子は移動手段だけでなく、自分の体の一部でもあるんだって思い出しました。ぴったり来ないとしんどい。車椅子で仕事をしようとしている私にとっては、車椅子そのものが仕事の邪魔になるようであれば意味がない。

 ドイツ製の車椅子に試しに座らせてもらった時、自分を包み込んでくれるような違和感のなさ、腰痛・骨盤痛を忘れさせてくれたクッション、不自然じゃない姿勢が自然にとれる形状・・・私の身体はあの車椅子の感覚を記憶していたようです。あの時、私の身体は喜んでいたのです。お尻はあの感覚を記憶していたのです。車椅子を身体に選んでもらう大切さ、車椅子は身体の一部になるんだということを思い起こさせてくれました。

 もう1つ、身体は覚えていました。私にとって、雑炊は嚥下しにくいということを。

 昨日、ちょっと冷えるし月経痛が辛いしと思い、お鍋にしました。残りを冷蔵保存しておき、今日は雑炊にしました。食べると疲れる(あご・喉や身体全体が)私は、ついつい食べるのに疲れにくそうなメニューを考えてしまいます。今日、雑炊を1口目を食べた後、軽く咳がでました。でも不思議に思わず。2口目、食べた後にもっと強い咳が出ました。あれ?変だなあと思いつつ、3口目を食べました。で、やってしまいました。

 まず、誤嚥です。気管支の中にごはん粒が入りました。思いっきり咳き込んで出しました(まだ出す力はあるということだ)。他にも、鼻の中に入ってしまったり、喉の奥の方で何箇所かに分けてごはん粒が止まってしまったり、口の中のあちこちにごはん粒が残ったり・・・。大変な思いをして、苦しさから逃れました(この時間になっても鼻から喉に粒が出てくる:汚くてごめんなさい。今もまだ、喉とその付近がしびれています)。そして、以前も雑炊を食べた時にむせて苦労したことを思い出しました。嚥下対策をネットなどで見ていると、雑炊やおじやは食べやすいと書かれています。粒が分からなくなるくらいとことん煮て、とろとろにしたら食べやすいのかもしれません。でもまだ粒が残っている状態の雑炊だと、ごはん粒がバラバラになってしまっているので、私の場合、飲み込みに苦労します。

 普通のごはんも以前から喉に引っ掛かりやすいので、普段もおにぎりにしたり、海苔やとろろ昆布で巻いたりするなどして食べています。それなのに、以前も苦しんだのに、頭はそのことをすっかり忘れていました。食べやすいと勧められているものでも、その形状等によっては、自分にとって必ずしも食べやすいとは限らない。「だから1口目から、あかんってゆーてたやろ!」と、身体から喉そして咳を通して言われたような気がしました。喉は覚えていたのですね。気をつけないと。でもそうでなくても元々好き嫌いが激しく、アスピリン喘息で食べられないものが増えてきているのに、更に嚥下障害のため食べられるものが減ってくるとなると、食べ物の選択肢が狭くなるばかりだなあ。

 最近の私の主食(夕食)は、おにぎり(味なし。またはとろろ昆布で巻く)、とうふ(味なし。冷たいのをそのまま)、ヨーグルト(酸味でむせるので桃ジャムを入れる)です。その他に、食べやすそうなもの、作りやすいものなどを選んで食べています。朝食は全く何も食べないか(昔から朝は食欲がない)、バナナ1本あるいはパンを少し食べるだけです。私にとってはバナナは食べやすい食べ物です。でも、朝バナナダイエットが流行るようになってから、スーパーでバナナが売り切れになっていることが多くなり、食べ物の選択肢が少ない私にとっては困ったもんです。

 また、パンを食べる場合、食パンは食べにくいのでパス、甘い味の付いたパンも苦手ですので、貧乏人の味方(と言われているらしい)「ロシアパン」か、小麦高騰で販売量が増えた「米粉パン」を食べています。適度に湿り気があり、適度に固まっているので、パサパサしている食パンや味のついたパンより食べやすいです。

 今日のリハで私が待っている最中に、腰痛・膝痛で悩んでおられる女性がリハをしてもらっていました。体重70kgは超えておられると思います。待っている間、OTさんとの会話が聞こえてくるのだけど、朝バナナダイエットを始められたとのこと。朝バナナダイエットって効果あるのかなあ。ほぼ毎日食べてる私には何の影響もないけれど。。。

 本日、いつも以上に長文にて失礼いたしました。

9 thoughts on “お尻の記憶と喉の記憶

  1. ゆんゆん 返信する

     車いすの乗り心地はとても大切
    私のはレンタルだから 長時間乗っていると
    あちこち痛くなってきます

  2. toyokosan 返信する

    ゆんゆん、ありがとう。

    >車いすの乗り心地はとても大切
    やっぱりそうですよね〜。

    そうでなくても痛みがあるのに、
    車椅子で痛みが増えるのはつらいですよね。

    車椅子が自転車くらい、もっとお安い買い物だったらいいのになあ。

  3. 金城武子 返信する

    初コメです。
    私が手術を12時間以上受けたとき、麻酔が効きすぎて(?)、後遺症でしばらく、声が出にくく、食事がとりにくかったのを思いでしました。固形物はまだしも、お水が飲めなくて、ゼリーのようなものをとっていました。

    食事の楽しみが苦しみに変わるのは、辛いですよね。。。

  4. 金城武子 返信する

    初コメです。
    私が手術を12時間以上受けたとき、麻酔が効きすぎて(?)、後遺症でしばらく、声が出にくく、食事がとりにくかったのを思いだしました。。。
    固形物はまだしも、お水が飲めなくて、ゼリーのようなものをとっていました。
    食事の楽しみが苦しみに変わるのは、辛いですよね。。。

  5. 金城武子 返信する

    わぁ〜。
    同じ物を、2回載せちゃいました。誤字を見つけて訂正しようとしたら。。。
    ごめんなさい。

  6. toyokosan 返信する

    武子さん、初コメありがとうございます。
    久しぶりに登場のハンドルネームですね(^^)
    今も変わらず、彼のファンですか?

    武子さんの手術、12時間以上にも及んだのですね。大手術だったんだ・・・。
    喉や舌にも麻酔が効いてしまうので、食事がしにくかったんでしょうね。

    食べることが苦しみになるって、ほんとイヤです。。。
    ここのところ、食べやすいもの探しの旅に出かけてます(^^)
    ゼリーのようなもの、食べやすいですよ〜。

    これからだんだん寒くなるので、
    武子さんも体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。

  7. 金城武子 返信する

    お返事ありがとうございます。
    はい、正確にいうと、
    朝一番の8時?9時?の手術で、居残りでした。。。
    麻酔から覚めたら日付が変わっていました。13時頃?だったかなぁ?
    (どこが、正確やねん…って、独り突っ込みです。)

    はい、変わらず、金城武のファンです。10月に映画が上映されます。
    聞いてへんと思いますが。(ひとり突っ込みです)

    最近は、浮気して、上地雄輔君が一押しです。
    ブレイク前から目をつけていました。おもったとおりのブレイク!

    ブログを見てファンになりました。
    人生の真実が、生きることに真実がメッセージとして書かれている彼は、多くの人に大切なメッセージを伝えるために居るのだと、
    生きているのだと思うようになりました。

    彼の、役目ですね。

    私に役目はなんだろうかと。
    何をしに、するために、この世に生を受けたのだろうと。

    あっ、変な宗教をやっている訳ではございませーん。

    眠いので、ちょっと、暴走してきたので、この辺で失礼します。
    お邪魔しました。

  8. 金城武子 返信する

    わぁ〜!
    お約束の、誤字ですー!すみません。(涙)

    『人生の意味が、生きることの真実がメッセーして書かれている』
    が、正しいです。

    場の空気が読めない人になっています。ごめんなさい。。。

  9. toyokosan 返信する

    武子さん、ありがとうです。
    まだおやすみじゃなかったのですね、って私も偉そうに言えないけど(^^)。
    居残り手術、日付けが変わってからの目覚め・・・本当に大変でしたね。

    >『人生の意味が、生きることの真実がメッセーして書かれている』
    彼のブログ、とても人気だそうですね。素直な眼を持っているんだろうなあ。
    武子さんの誤字、全然気になりませんよ〜。そういえば彼のブログ、誤字でも有名だそうですね(^^)

    >私に役目はなんだろうかと。
    >何をしに、するために、この世に生を受けたのだろうと。
    このことは、私自身もずっと考えていることです。私の宿命ってなんだろうって思います。
    と言っても、細木数子氏の本を読んでるわけじゃないけれど(^^)

    宿命と運というのは、どこかで関係していると私は思っています。
    私がALSになったのも運であり、何らかの宿命があるからなったように思っています。
    武子さんは自分の宿命を成し遂げるため、苦労しながらいろんな活動を開始されています。
    私も見習いたいと、いつも思っています。

    お互い、また情報交換し合いましょうね。
    病気は違えど、ドクターとうまく付き合っていく必要があることには、お互い間違いないから。
    今後ともよろしくお願いいたしますです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。