今日は何連荘?

 今日は朝から動き回っていました。まず、銀行へ行きました。住宅ローンの相談です。アポなしぶっつけで突撃相談。少しだけど繰上返済したいと考えているとお伝えしたら、「末永くお付き合いしましょうよ〜」って。イヤだよ、少しでも早くローンとはお別れしたいんだから。とりあえず、今の返済状況からみた繰上プランと、先に住宅金融公庫(今は住宅金融支援機構だね)の返済分を銀行ローンに借換してから(少し金利が安くなるらしい)の繰上プランをシミュレーションしていただくことになりました。借り換えには審査がいるので、儲かってない自営業同士の夫婦だから、審査に通るかどうか分からないけれど。いずれは売却したいのだから、今のうちにほんの少しでも元金減らしておかないとねえ。

 ウチはダンナと共有名義のマンションなのですが、私たちが購入した時はどちらか一人しか団体信用保険(団信)に入れませんでした(今は2人共加入できます)。どちらで加入するか、そりゃ一回り年上(干支は同い年)のダンナで加入しますわなあ。まさか私の方が、こんなことになるとは思ってもいませんでしたし。だから、私がどれだけ高度障害になろうと、住宅ローンはついてまわります。

 ついでに、私の生命保険はとっても古い商品から、高度障害になっても保険料は免除されません。不慮の事故による場合のみ、免除されることになっています。高度障害と認定されて保険料が下りるまで、あとどれくらい期間があることやら分かりません。リビングニーズはついているけれど、ALSには意味ないしなあ。高度障害と認定されるまで保険料を払い続けないといけません。ローンに保険料に生活費に・・・ほんと意地でも働かないと(–)

 次は、私の住む市にある、建て替え中の府営住宅を見に行きました。こちらは特定公共賃貸住宅ではなく、普通の府営住宅です。年2回の抽選です。これまで車で何度か建て替え中の住宅を見かけていたのですが、新しい住棟(まだ1棟だけ)の1階にある、バルコニーからスロープで屋外に移動できるタイプの部屋(MAIハウスというようです)が空いている。その他はおそらく旧の住宅に住んでおられた方がそのまま入居されているのでしょうね、すでにいっぱいの様子です。

 でも今まで車で通りがかりにしか見たことがなかったので、今日は近くまで寄って、歩いてベランダから部屋を見てきました。スロープの角度が少しきついけれど、ベランダから外へ出入りし、そのうち雑草に生えかわるであろう芝生に囲まれた道を通って駐車場にも行くことができます。お風呂も段差が少ないように見えました(ベランダから覗いただけなので、はっきりとは分かりません)。そこだけ見ると理想の居住地かもしれませんが、ここには私は住めません。。。やっぱり、実際に行ってみないと分かりませんね。

 何棟か順番に建て替えが行われているようですが、MAIハウスは1号棟にあり、ガンガン車が通る国道に面しています。また、バス通りにもなっている道との交差点に近く、交通量も多く、いつも混んでいます。また、隣はパチンコ屋&インターネットカフェです。最寄駅はJRなのですが、EVはありません。だから、ALSでくたばる前に、喘息でくたばるかもしれません。騒音によるノイローゼでくたばるかもしれません。駅まで行けても電車に乗れず、ボー然と電車を見ているしかありません。現在住まれている方も、ベランダの窓は閉じている方が圧倒的でした(もちろんお留守ということも考えられますが)。少なくとも、1階は全部、ベランダの窓が閉じてありました。何であんな所に作るのだろう。国道から丸見えだし、何か変だぞ府営住宅。

 その後、買い物に行きがてら、あちこちの民間マンションを物色。私の住む地域は田舎なので、民間賃貸マンションが比較的少ないのです。見つけたマンションの前に車を止め、スロープがあるかor階段しかないか、オートロック式か否か、空き室あるか否かのチェック・・・完全に変質者です(^^)。結果、もう少しエリアを広げて、物色しないといけないようです。もちろん最終的には賃貸の不動屋さんで情報を聞くことになるけれど、その前に私の住む地域がどんな現状かを知っておきたく、現在、リサーチ中です。

 自宅へ帰り、30分ほど休憩しました。その後、夜に開かれる講座の仕事で、大阪駅前まで行きました。大阪駅前第1〜4ビルとそこにたどり着くまで、地下鉄を含めて階段が多くて不便です。加えて肺活量低下のため、連続して声が出る時間が少なくなりつつあり、特に夜は声が出にくいです。私はアシスタント講師だったからしゃべる時間は少なくて済みました。それでもしゃべることはあるので、今日も呼吸筋はお疲れです。

 さて、今日は何連荘だったんでしょう??? 分かんないけどずいぶん疲れました。明日のリハで、疲れた身体を緩めてもらってきます〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。