ゆるむ50代。下がる60代。+縮む40代。

 今日のチラシに入っていた健康食品のキャッチコピー「ゆるむ50代。下がる60代。」を見て、私は「縮む40代。」かあ〜と思っちゃいました。「ゆるむ50代。下がる60代。」にはビタミンEがオススメ、「縮む40代。」にはビタミンB12がオススメ“かもしれない”、ということね。

 1mg=1,000μgだったよね。メチコバールの錠剤に入っているB12が250μgだそうだから、メチコの治験で点滴する4mgは、錠剤で言うと16錠分。メチコの錠剤を一度に16錠も飲んだらお腹いっぱいになるから、メチコバールの治験は「大量投与」なのかもしれない(そんな問題か)。

 というような冗談はさておき、薬ってマイクロ単位で効能が変わるし、化粧品はナノ単位で美しさ?が変わるし、ミクロの世界は奥深いなあ。Wikipediaによると、ヒトの神経細胞の細胞体の大きさは直径3〜18μmらしい。いっそのこと細胞体を1km位に拡大し、マクロの世界で研究できたら、もっといろんなことが分かるかもね。

 ということで、良く分からん話題で今日はおしまい。

4 thoughts on “ゆるむ50代。下がる60代。+縮む40代。

  1. マサ 返信する

    とよこさん
    いつも、アドバイスありがとうございます

    縮む40代ですね〜ほんと

    髄液の検査をしてきて、めちゃくちゃ体調わるいです〜

  2. さとりん 返信する

    私はあと2年と少しで50代だから・・・「縮む&緩む」世代だわ(><)

    嬉しくないなあ・・・・・・

    おまけに下がってきてるし(−−;)

    えらいこっちゃ・・・・・もう終わってるなあ・・・

  3. toyokosan 返信する

    マサさん、ルンバール検査お疲れさまでした。

    私が今まで経験してきた中で、ルンバールは最も大嫌いな検査です。
    腰椎麻酔の時に髄液漏れして、激しい頭痛に半月も悩まされた経験があるので、
    ルンバール検査は最後まで病院で抵抗していました。
    検査の日も麻酔しないの〜とかギャーギャーわめいてました(^^)
    手先の器用なDrとそうでないDrで、髄液漏れの可能性がずいぶん違うよって
    看護師さんが教えてくれたです。今の神経内科のDrは手先が器用なことで
    病院内では有名?らしく、おかげで検査の後の頭痛も少しで済みました。

    ルンバール検査の後のしんどさは、水分取って寝てるしかないから
    無理しないでくださいね。

    お互い、縮む40代を楽しみましょう〜。

  4. toyokosan 返信する

    さとりん、お疲れさまです。冷や汗は引いたかな?

    「縮む40代」にはもれなく「緩む」も「下がる」もついてくるんだね。
    縮むと緩む、緩むと下がる・・・
    お肉を支える筋力ないから仕方ないか(–)

    私のお尻、すっかり下がっちゃってます(–)
    おまけに下腹ぽっこりだから、すっかりキューピーちゃん体型・・・。

    どうせ縮むなら、美しく縮みたい?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。