今日はよく歩きました。何かを「見たい」という気持ちで歩いている時は、脚が痛いことを忘れてしまっております。後で必ず来るしっぺ返しも忘れております。で、今夜もちゃんと、しっぺ返しがやって来て、筋肉がしっかりと痛んでくれています。今日はこれ以上、歩くな〜と言ってきております。そんな時はとりあえず横になって、脚を重力から開放してあげてます。ついでに連続5時間以上(もう5時間を切ったかな?)しゃべれない呼吸仕様になっているので、5時間を超えると声が小さくなってきます。夜はボソボソしゃべってます。

 で、今日は、ダンナもこれ以上、歩くな〜と言われてしまいました。ダンナは私と結婚前に一度、結婚してから一度、膝の手術を左右1回ずつしています。いわゆる“関節ねずみ”というヤツで、関節から剥がれ落ちた骨の欠片が関節を動き回るので、膝が痛みます。変形性膝関節症の一種の症状です。今日、仕事中に膝に負荷をかけた時にまた膝が痛みだしたようで、今は脚を引きずって家の中を歩いています。明日の朝、病院へ行くようです。

 というわけで、今日は夫婦そろって歩きにくいです。ダンナには何とかこれ以上、膝を痛めないようにお願いしたいのですが、そうなりたくてなっているわけじゃないので、また手術になったりしないよう願うしかありません。炎症のため膝に水がたまりやすく、以前も何度か水を抜いてもらいました。明日もそれでマシになればいいのですが、水がたまり続けるということは炎症が続いているということなので、治っていないという証拠にもなります。

 ALSと同じで、変形性膝関節症も完治はしない、長く付き合っていかないといけない病気です。ALSよりはマシかもしれませんが、病気の比較をしても仕方ないし、痛いのは本人だから、身体を使う仕事をしているダンナにとっては辛いだろうなと思います。若いころから変形性膝関節症の症状が出てくる人は、整形内科のDrいわく、そういう体質なんだそうです。CMでやっているような薬は、Drいわくは意味ないようです(でもダンナは飲んでいますが)。

 夫婦そろって歩けなくなった2人きりの家族・・・動けない老体が2体並んで座ったままの家庭・・・想像するだけで恐ろしい(–) まあ、仕方ない。その時は車椅子夫婦にでもなるとするか(^^) 電動車椅子2台並んで、公道でレースでもしようっと。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)