今日は朝からよく歩いた。階段もよく昇り降りした。夕方来てくださった保健師さんとも、30分位立ち話した。そのお陰か、夕食時にこの世の終わりかと思うくらい、両方のふくらはぎが攣った。この時間になっても、歩くだけで響く。特に左足が痛い。今すぐリハに行きたい〜。

 本日、保健師さんが午後5時頃に来てくださいました。お約束通り?自宅マンションの室内については入口を開けた状態で、玄関と廊下だけ見ていただきました。トイレは引き戸に改修可能かもしれないけれど、玄関入ってすぐの左右にある約4.5畳の洋室には車椅子では切り返して入れないでしょうね、とのことでした。やっぱりそうよね〜。

 その後、昨日ダラダラと書いた共有部分のエントランスへ向かい、まずはEV前の段差の話をしました。段差そのものは11cm位なので丈夫な仮設スロープを付ければ大丈夫だけど、EVとの関係がやっぱりネックですよね〜と話をしました。スロープ使用中に、EVから人が出てくる可能性もありますから、ぶつかったら大変です。そして外へ出て、蚊にかまれながら、以前、工務店さんにも見てもらった見解を交えて話をしました。やはり大きい階段の方はスロープは不可能。小さい階段に仮設でスロープを付けても、直角のところが曲がれない。保健師さんより、介助の方がいてもしんどい階段だわ、以前住まれていた高齢者の方が引っ越された気持ちが分かるわ、とのご意見をいただきました。グレーチングも危ないでしょ〜と私が話をすると、保健師さん、隣の(他所の土地の)駐車場の鉄板を持ってこようかって(^^) あと、マンションの裏から出られるようにすることも考えられないことはないけれど、マンションの壁は共有部分だから取り壊せないですし、他所の土地の駐車場には出られません(すでに駐車しておられますし)。

 で、やっぱりここで住むのは難しいかな〜ということになり、今後、遅くても来年の秋(早ければ来年の春)には大規模修繕をするので、その前後にマンションを売却し、それまでに民間賃貸マンションを探すことにしました。昔のタイプのマンション、入ったらすぐに部屋が見渡せるタイプのマンションがいいなあ〜という話をしました。車椅子でも入りやすいからね。今のリハ病院からは離れたくないし(ちなみにこの市で難病リハを受け入れてくれるのは、今のクリニックだけだそうです)、他にもこの市には住み続けないといけない理由がいくつかあるので、EVのあるJRの駅にもう少し近いとこらへんで民間マンションを探してみます。これから、FPを考えるのが大変だな。

 とりあえず、進行は別にして、引っ越すまでに長くて後1年あるので、今度は11月に、保健所を巡回しておられる福祉住環境の専門家の方(私は福祉住環境「にせ」コーディネーター^^)が、現在のマンション室内における住みやすさのご相談に応じてくださるとのこと。えらいこっちゃ、それまでに片づけは間に合いません。。。格好つけても仕方ないから、ビフォー&アフターのつもりで、ビフォーを見てもらうことにしようっと。アフターを見てもらうことはないだろうけれど(^^)

 ちなみに、持ち家から公営に入るためには、入居後3ヵ月以内に持ち家の売却証明書を出さないといけません(売却さえできれば正式な書類提出は1ヶ月くらいは猶予してくれるみたいだけど)。普通の府営(いわゆる府営住宅)は年2回募集ですが、ここの市にもあり、私が入居したいと考えた府営(特定公共賃貸住宅)は、本年度の下半期から毎月ネットで空き室を更新する方法に変更となりました。でも、そもそもいつ物件がでるか、いつ当たるか分からないし(特定公共賃貸住宅は一応、先着順のようですが)、公営に申込してから売却となると、3ヶ月でうまくマンションが売れるのかどうか分かりません。

 また、入居の日まで部屋の中を見せてもらうことはできない(ネットで見てくださいとのこと:あれで細かいところまで分かるかいな)ので、室内にどれだけのバリアがあるか、どんな室内の設計なのかが全く分からないです。また、ここの市の特定公共賃貸は古いタイプのものが多く、浴槽がなかったり(希望するなら自己購入)、3点給湯でない(希望するなら自己設置)など、いろんなリスク・困りごとがあります。浴槽があり、3点給湯があり、福祉設計(部屋と部屋の段差が少ないという意味)の部屋がある棟は1棟しかありません。でも実際に、その棟で以前に空きがでていた部屋の前まで見に行ったけれど、近隣のみなさんが廊下にたくさんの荷物を置かれているので、車椅子が通れませ〜ん。空き室の前にも荷物おいておられた。おいおい。

 家の中のバリアフリー化までは贅沢言いません。マンションは少々古くても構いません(今のマンションも築13年ですから)。玄関に電動車椅子で上がれるスロープがあるマンションに住めればそれでいいです。今ですら、徐々に自分のマンションの階段を昇り降りするのが怖くなってきています。いつコケるか分からないです。危ない危ない。

2 Comments

  1. さとりん on 2008年9月12日 at 5:29 PM

    あと1年あるから、ゆっくりと考えましょ(^^)

    ALSの進行も遅いかもしれないし。
    家を変わるって、タイミングも大事だし・・
    方位とかも・・あるって言わない??
    (割と気にする性質なんで・・・)

  2. toyokosan on 2008年9月13日 at 12:57 AM

    さとりん、ありがとうです。
    娘さんの件、いいお話でよかったですね。

    >あと1年あるから、ゆっくりと考えましょ(^^)
    そうします。まずはぼちぼち、FPの検討から始めます。
    カネの切れ目が引っ越しの切れ目?だから(^^)

    さとりんは方位やを気にかけるのですね〜。
    経営者の方も、結構、方位や六曜を気にかけられる方がいらっしゃいますよ。
    「値上げはこの日からが日柄がいい」とか。

    私は面倒くさがりなので、何でも運で済ましちゃいます。
    占いも見るけど、すぐ忘れてしまいます。
    このマンションを買った時も、私が10円玉を掌の中で投げて
    表が出たら買う、とか言って買ったくらいだから。
    で、表が出ちゃって、今それに困らされている(^^)

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)