昨夜の棒状態での転倒のお陰で、ずっと手首は痛いわ、背中を打ったためか夜中に軽い喘息発作で眠れなくなるわ、朝起きたら肩と腰も痛くなっていて起き上がるのが辛いわで、今日は不調の1日でした。かずさん・さとりん・ゆんゆんから昨日いただいたコメント通りです(–) “壁好き女”になりそうな。

 今日の夜は、先日保健センターでご紹介いただいた、ALS患者の外来リハを受け入れてもらえるクリニックへ行ってきました。標榜されておられる診療科は内科と小児科ですが、所長Drがリハビリテーション医であるため、各種リハビリに力を入れておられる病院のようです。ただ、外来リハは午前中しかないので、今日は診察だけしていただき、明日もう一度、リハ処方をしていただくために外来へ行くこととなりました。リハ初体験になるのかな? そういえば私、スカートしか持っていない。明日はひざ下まであるダンナのショートパンツを借りて出かけるとするか。
 今日、握力も測っていただきました。昨日、両手首を打ったためか、あるいは神経内科ではデジタルの握力計が重くて手で持てないため、膝の上に置いて測定しているためか(今日はアナログ握力計を手でぶら下げて測定した)、または夜だったからか(疲れてたからか)、結果は右が5kg、左が3kgでした。3kgって・・・。おいおい。

 明日、正式に決めてくる予定ですが、Drのオススメは週2回(PT1回、OT1回)とのことでした。STさんはもう1つのクリニック(お隣の市にあります)にいらっしゃるので、嚥下障害が出てきた場合はそちらでリハを受けることになりそうです。あと、アスピリン喘息で鎮痛剤も飲めないしシップも貼れないから、何とかしてリハで痛みを取りたいとお聞きしたところ、リハで逆に痛みが強くなることがあるので、リハ中に痛い時は痛いと言って下さい、とのことでした(そりゃそうか)。

 「運動ニューロン病は長く付き合っていかないといけない病気だから、ゆっくりとね」とDrがおっしゃっておられました。やさしいお言葉でしたが、この病気と長く付き合うのかと思うと・・・つらいなあ。ちなみに、ここのクリニックは電子カルテだったのですが、「運動ニュ“ウ”ロン病」と入力しておられたのが妙に気になったとよこでした。

2 Comments

  1. さとりん on 2008年8月5日 at 6:48 AM

    手首・・無理しないようにね・・・しかし、その握力!!!
    コケたせいなのか?? たぶんそうだろうけど・・運転大変じゃない?

    運動ニューロン病は広い意味でALSを含んでいるからね・・
    確かに長い付き合いになりそうだ。。。
    再生医学が早く進むことを、願うばかりだね!

    無理すると・・進行が早まるからリハもストレッチ中心にして、体に負担をかけないようにしてもらってね。
    慣れるとどの程度までならOKか?というのが自分でもわかってくるからね〜〜〜

  2. toyokosan on 2008年8月5日 at 3:26 PM

    さとりん コメントありがとうです。
    握力また下がっちゃいました(計測器によって異なるのかもしれませんが)。。
    Drいわく、今の握力だと杖を持つのは危ないとのこと。使うなら輪を腕に通す形の杖の方が
    良いですよとのことでした。
    でも荷物になるので、必要な時だけ使える(電車で立ちっぱなしの時とか)折りたたみの杖を
    買っておこうかなと〜とリハビリのPTさん(かOTさん)にご相談しました。
    車の運転は気をつけてね、とのことでしたが、良く運転できるなあという雰囲気でした(PTさんも)。
    バックは極力しない、細かい道は走らない、高速優先とか伝えたら、それがいいわ〜とのことでした。

    Dr、あまりPCが得意でないようで、「ー」を探すのに苦労されてました(^^)
    で、「運動ニュウロン」と打っておられました(^^)
    ここのクリニックには、特定疾患は出すけれど、神経内科からは正式なALSとの診断は受けていないと
    伝えていますので、この病院内では現在は「運動ニューロン(ALS疑い)」となっています。
    また今日の記事にリハビリ内容、書きますね。今日はホットパックをしてもらいました〜。
    今後、ストレッチもあるのかどうか分からないのですが、ぼちぼちやっていきますです。

    またいろいろ教えて下さいね。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)