食べること(食べるという行為)で疲れます。食後、特に夕食後は食べている途中で疲労感が出てきてしまい、食後、眠ってしまいます。夕食はお箸を持つのがしんどいので、スプーンで食べることが多くなりましたが、それでも食べ物をのどに通すだけで疲れます。また時折、鼻の中に食べ物が入ります。今までならすぐに気がつき、鼻をかめば対処できたのですが、最近は数時間後に鼻に入った食べ物が鼻から口腔内に下がってきます。あと、喉が苦しい、というか固いです。手・腕が疲れると首・喉が硬くなります。喘息とは異なる息苦しさを少し感じます。これって嚥下障害の始まりかな・・・とちょっと心配。

 呼吸の方は、仕事に影響があるほどではありませんが、疲れた時は長時間に渡り話し続けるのもつらくなってきました。肺活量、また下がったかな? 今年2月に喘息の病院でスパイロした時は、喘息は問題なしでしたが、FVCと%FVCは昨年の肺炎後の検査の時よりかなり下がってた。ついでにお願いして検査してもらった血ガスの方は、PaCo2以外は標準よりちょっと低い結果でした。

 日々の出来事に一喜一憂(喜びはないか)して落ち込んでいる訳ではないのですが、症状の観察と検査で、自分の病気の疑いがいつごろ確定になりそうか、そして確定した後は進行の予測をしていきたいと思っています。

2 Comments

  1. さとりん on 2008年6月30日 at 6:54 AM

    肺活量はどのぐらいですか?

    2000を切ると少し息が上がると言われました。

    鼻に食べ物が・・・・それは気になりますね。
    鼻声になったりする人もいるらしいので、やはり少し症状が出てるのかもしれませんね。

    舌に縦皴が入ってると、舌が萎縮を始めてるということです。
    定期的に自分でもチェックしてみてね。

    喉が固いという表現がどういうのか?よくわかりませんが・・・私は喉にスライムが張り付いているような感じが常にします。

    横向きにしか寝れません。
    上向きになると呼吸が苦しいです。

    今度の診察まで後一月ありますね。
    疑いという時点ではまだリルテックも飲めないしね。飲んだほうがいいのは、メチコバールとユベラです。 ビタミンなので、あまり効果がないかもしれないけど、神経の回復薬なので。

    それではまたね

  2. toyokosan on 2008年6月30日 at 7:55 AM

    おはようございます。コメントありがとうございます。

    肺活量は今年2月の時点(アレルギー内科で測定)でFVCで2000ml、%FVCで72.2%でした。7月の診察は検査なしということだったので、スパイロ検査がなければまた喘息の病院で検査してもらおうと思います。

    舌はチェックしてみます。自分ではまだ良く分からないけれど、舌を前へ出していられる時間が減りました(–) しゃべることはできます。

    喉にスライムが貼りついている・・・喘息と同じような感じかなあ。私の喉の固さは、食べ物を飲み込んだり息をする時に、うまく広がってくれないという感じです。

    上向きに寝るとしんどいのは同じです。私の場合、これは喘息でもこうなります。今は、枕を2つ使って寝ています。横向きが多いかな? 途中で目が覚めて、座イスで寝るなど起座呼吸することもあります(軽い喘息発作のためでもありますが)。

    メチコとユベラですね。今度の診察で聞いてみます。メチコは脚の手術の時、たくさん飲まされたなあ。。。ユベラはパーキンソンの方がよくお飲みですね。

    いろいろ教えてくださりありがとうございます。感謝です。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)