私は「情けない」らしい。

 今日は午後にあった講習会の仕事の後、久しぶりに私の実家へ行った。距離的には遠くないけれど、年に数回程度しか行かない。今日の目的は、私がALSになったことを伝えるため。ネットから引っ張ってきたALSの情報を、2日前に到着するよう実家に郵送で送っておき、今日の夜、説明に出かけてきた。

 (こんな病気になって)「情けない」。これが親からの最初の言葉だった。案の定だな、って思った。それから少し話をし、最後は「まあ気丈にがんばれや」で終わった。私からは「私がどうしても(親に)して欲しいこと以外、何もして欲しくない」って伝えておいた。

 私の病気や障害、仕事や価値観について理解してもらうことを、私の最期まで、私は期待していない。「家族」という社会的に作られた制度(常識)について大いなる疑問を持っている私だから(といって、家族愛を否定しているわけではない)、別に期待しようとも思わない。とりあえず、親への報告が済んで1つストレスが減った。

 今日はいつも以上に疲れたので、今からお風呂に入って寝ます。おやすみなさいです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。