ハイカットシューズってなかなか難しい。

 私は足首がズキズキするのと、道路からの衝撃が脚に響くのと、保温効果を狙って、冬の間はずっとブーツを履いていた。春になって春ブーツに変えようと思ったけれど、年度末地獄のため買い物に行く余裕がなく、買い逃してしまった。そこで、足首の不安定さを解消するために、自宅近くの大きめの靴屋さんでハイカットシューズを買ってみた。

 しかし、いくつか問題が発生。まず、靴を履く度に手指で紐が結べないから、マジックテープで止められるハイカットシューズしか履けない。また、足指がよく攣るので、少し大きめのサイズしか履けない(なので通常は23.5cmだけれど24.0cmにした)。さらに、私の左足首は右に比べ腫れが強いので、ハイカットシューズを履いた時に左足首の腫れにハイカット部分が触れて痛みがでる。そのため、足首サポーターが必要になる。加えて、トレッキングシューズではないので、足底からくる衝撃を吸収するために、インソールが必要になる。

 これらサポーターやインソールを買おうと思ったら、スポーツ専門店に行くしかない。地元の大きめの靴屋さん曰く、できれば心斎橋あたりのスポーツ店へ行ってみることをお勧めしますとのことでした。でも本格的な足首サポーターは、私の指の力では引っ張って装着できそうにないしなあ。とりあえず、ドラッグストアに売ってそうな簡易なサポーターで試してみるか。

 靴選びって難しい。電動車椅子と並行に、できる限り独歩(杖)を続けていこうと思ったら、どんな靴を履くかは重大問題です。今までほとんどスニーカーを履いたことがないから、スニーカーにどんな服を合わせればいいのかも分からない(そんなおしゃれな私じゃないけれど)。自己介護の1つとして、快適な靴環境整備がしばらく続きそうです。
 

 おまけですが、折り曲げられる枕を取り付け、腰当てタオルを腹巻きに入れた「すのこ椅子(PC用)」に、ただいま試しに、すのこと自分自身の脇の下あたりを紐で縛り付けています。自己拘束ですね。ヘッドマスターカラーや、身体と机の間を挟むクッションなども併用しながら、体幹が前に倒れてこないように工夫(苦労?)しています。コルセットを使う時もありますが、胃や呼吸がしんどくなるので、今は自己拘束を試してみます。

 快適なPC環境づくりは、これからも延々と続きそうです。靴といいPCといい電動車椅子といい、環境整備に時間が取られるなあ。自宅の環境整備にまで、時間が回らないよ。今日もこんな時間まで環境整備していました(–) 仕事ができんぞ〜。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。