易呼吸性は一日にして成らず。

 ローマは一日にして成らず、じゃないけれど、昨日の呼吸リハによる易呼吸性はいつまでも続かず・・・。昨晩はまたあまり眠れなかったです。でもお昼に熟睡できたから少しマシかな(仕事しろー)。

 息苦しさと胃痛が連動しています。酸素を含んだ血液が急に胃に多く流れ出すと胃が痛むようです。脂物は以前から胃があまり受け付けてくれなかったけれど、それがパワーアップしてきています。脂物が少しでも胃に入ったら吐いてしまいます。オマケに、折角とよ猿の食べ物探しの旅で見つけた甘味料(マービー&粉飴)も胃が受け付けてくれなくなり、また何か胃に変化が生じているような気がします。酸素が足りないと胃だけでなく、その他の内臓も上手く動いてくれなくなるのかなあ。あと、腹臥位(どちらかを少し上げて)で眠っているから、内臓が圧迫されているのも原因かも知れません。

 明日の朝、リハのついでに、リハDrの診察を受けて、NPPV(BiPAP)の調達をお願いしてこようと思います。ファンが多いリハDrだから(特に朝はものすごい人です)、明日、診療してもらえるのかどうかちょっと心配ですが。。。毎日の易呼吸性を少しでも得られるために、そして脳にも内臓にも酸素が行き渡るように、できることをぼちぼち進めて行きます。

 次回、関西メンバーのみなさんとお会いする前日に、3時間+αの講習会があります。講習後、酸欠になってしまったら、講習会会場の裏を流れている淀川に飛び込んで、水の流れに任せて会場まで行きます(?) 到着後、「クサイ」って言わないでね(^^)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。