私から私への退院祝い、待っていたのはゲッケーさんでした。

 本日のお昼前、とよダンナに迎えに来てもらい、「無事カエルくん&魔除けブレスレット」と共に無事に退院してきました。シャバの世界は暑いですねえ。昨日から血圧が更に下がり、最後の日の朝に上が74という最高記録を出してしまいました。ちょっと動くと息切れとふらふらがやってきます。オマケに車に乗ると、シートベルトの位置がちょうどPEGの位置に当たるので痛いです。ひざ掛けを折り曲げて、PEGに影響がないようにしましたが、これからもこれが続くんですねえ。

 ちなみに退院直前に、PEG造設手術を実施してくださった消化器外科のDrがお越しくださいました。私のPEGは胃の最も上部の方に取り付けてあるそうです。その上はもう横隔膜・肋骨だし、その下は大腸と重なっているし、今の場所がギリギリお腹と胃とをくっつけることができる場所だったそうです。あと、PEG手術のため腹筋が切れてしまっているので、それでPEG周りの痛みがしばらく続くかもしれないとおっしゃっておられました。確かに腹筋が切れてしまったからか、下腹ポッコリーのシワ(というか盛り上がりというか)がPEGの左右で異なっています。でも痛みは、抜糸をしてもらってから、少しラクになりました。

 病院を出発し、自宅へ向かいました。そして荷物を自宅に降ろし、そのままシャバの世界のグローバルスタンダードであるマクドとスーパー(マクドがテナントとして入店しているところ)へ行ってきました。マクドへ行っても私は食べられるものがないので、いつも塩ナシのマックフライポテトとプレミアムコーヒーを注文しています。その後、電動車椅子でスーパー店内を巡り、PEG注入に必要な物品類を買ってきました。でもスーパーにいる途中で気分が悪くなり、必要な買い物だけ済ませて帰ってきました。その原因はゲッケーさんです。退院祝いとして、私の身体はゲッケーをプレゼントしてくれたようです(–) そんなもん、いらんって。

 話は変わりますが、スーパーで吸盤式のフックを2つ買ってきて、台所のシンクを挟んで、左端と右端に取り付けました。左端はPEG注入用、右端はPEGセット洗浄用です。まだPEGの準備の際にエレンタールをこぼしてしまうことが多いので、台所で注入の準備をし、台所で用事をしながら注入を済ませ、そのまま水道水で洗浄しています。ちゃんとした洗浄方法などは、明日お越し下さる訪看さんにお聞きする予定です。台所に立ち続けるのがしんどくなってきたので、椅子を置きました。ちょっと低いけどね。もう少し先になりそうですが、ウチの中でも車椅子が使えるようにしておきたいと思います。

 ウチの中が全然片付いていない状態なのに、カフアシストがやってきたり、エレンタールの箱がやってきたり、薬の束がやってきたりと、足の踏み場もありません。でも暑さと低血圧とゲッケーさんでしんどいので、整理整頓はまたゆっくりしていくことにします。

 なんだか脈絡のない文章ばかりになってしまいました。3週間も午後9時消灯生活(中途覚醒してしまうけれど)をしていると、もう眠くてたまりません。最後になりましたが、みなさま、入院中に多大なる応援をいただき、ありがとうございました。お一人お一人にお礼を申し上げるべきなのですが、失礼ながらブログの場にてみなさまに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。今後、徐々にシャバの世界に慣れていきます。慣れた頃にBiPAPの再入院かもしれないけれど。。。
 

10 thoughts on “私から私への退院祝い、待っていたのはゲッケーさんでした。

  1. ぽんた 返信する

    まずは、退院おめでとうございます。といっても 出てくると 忙しいことが
    山ほど待ってたりして、、病院の規則正しい生活はそれなりに 体には休息になっていたのでは(^○^) いい面と悪い面有ですね。とよさん時間でコーディネートして下さい。

  2. かず 返信する

    退院おめでとうございます!
    しばらくは違和感や痛みがあるでしょうが。。無理しないで下さいね

  3. マサ 返信する

    退院おめでとうございます。
    シャバは、過ごしにくい季節ですが無理しないようにしてください

  4. さとりん 返信する

    消毒・・・ミルトンが便利だよ〜
    赤ちゃんの哺乳瓶に使うぐらいだから(^^)

    退院おめでとう!
    思ったより長引いて、帰ってくるとそれなりの生活が待っていて、
    身体が慣れるまで大変だろうけど、無理しないでね!

  5. toyokosan 返信する

    ぽんたさん、ありがとうございます。

    今回の3週間の入院は、私にとってレスパイト入院だったと思えています。PEGの痛みが落ち着き始めた頃にそれに気付き、Drにこれからも時々短期間入院させて欲しいとお願いしたけれど、却下されちゃいました(–)

    今も、私には何もせずに、強制的に入院する(規則正しい生活を送る)ことが必要に思えています。偶然か、今日出かけたリハDrからも、私のレスパイト入院として、リハ病院の本院を使ってもらっていいよ、とおっしゃってくださいました。

    とりあえず、今度はBiPAP再入院がレスパイト入院になるかな、と思っています。お盆前後がいいかな〜なんて勝手に思っています。

  6. toyokosan 返信する

    かずさん、ありがとうございます。

    PEGの違和感、まだ続きますね。私は毎日注入しているので、余計にそう感じます。今日、リハ病院に出かけ、次回のPEG交換は6ヶ月後となりました。それまでにろう孔が固まりそうにないようです。

    毎日PEGをグルグル回しては(回さないと肉がPEGに引っ付いちゃいますもんね)、バンパーの在り処を胃の中で感じています。そのたびに痛いです。

    また今は、ティッシュをこより(というか細めてというか)をPEGの周りに巻いて、浸出液を防止したり、PEGの傾きを調整したりしています。
    消化器外科のDrは、PEG周りには何も巻かずに(肉芽ができやすくなるので)、パットのようなものでPEGを覆う(PEGに当たらないようにする)方がいいよ、とのことでした。

    やっぱりマタニティドレスを狙おうかな?! 私には似合わないだろうなあ(^^)

  7. toyokosan 返信する

    マサさん、ありがとうございます。

    お体の調子はいかがでしょうか? シャバは暑いですね。早速、夏バテの予感がしてきました。退院後たった1日で、もうすでに「あせも」ができています。

    私達のような身体をもつ人間にとっては、元気な方でも苦しいのに、更に暑さが身にしみますね。でもだからと言って、冷房等で冷やしてもまた身にしみます。自律神経には異常がなくても、血液を運ぶ筋肉ポンプがしんどそうに動いているのを感じます。。。

    お互い、身体には気をつけましょうね。

  8. ぽんた 返信する

    外の世界で バリバリ仕事をしている とよこさんには とよこさんのための
    レスパイト入院が必要みたいですね。規則的な生活、なかなか家ではできないんですよね。自分を甘やかしてまだ これもやれるなんてね 無理して悪くしてしまう。
    英気を養うためと割り切ったレスパイトなら いいかも(^^)v いろんな資料たくさんあるんでしょうね〜 近くだったら 整理整頓大好きですから(人のは特に)やりたいですね。出張しましょうか?なんて ねっ 何日かかるかなぁ〜

  9. toyokosan 返信する

    さとりん、ありがとうございます。

    「ミルトン」、昨日買って来ました。今日、小さい子どもさんがいらっしゃる方にお聞きしたところ、「ミルトン」より「ミルクポン」の方が、消毒液(次亜塩素酸ナトリウム) が強すぎないでいいよ、と教えてもらいました。哺乳瓶等の消毒薬にもいろいろあるんですね〜。

    身体がなかなかシャバに慣れてくれません。でも今週も既に予定いっぱいです。自分のケアのことと義母のことと、仕事少しと。。

    夏本番を迎える前に、既に夏バテしています(–) はあ、疲れますねえ。。

  10. toyokosan 返信する

    ほんたさん、またまたありがとうございます。

    ウチの山積みの資料を、見抜かれていますねえ(^^) もともと整理整頓が下手な上に、今はそれをする体力がなく(仕事だけで精一杯)、オマケに本だらけの家だから、それを捨てることも売ることもできず(気持ち的にですが)すごいことになっています。

    レスパイトは私が仕事を続けるために、今後も必要だなあと感じています。病気になっても、相変わらず病気になる前のペースと同じように仕事の段取りなどを考えてしまっています。それで途中で身体が持たなくなり、関係者に迷惑をおかけすることも多々有ります。。

    レスパイトさせてもらえる病院を、2つくらい探しておこうと思います。食べ物アレルギーや嚥下障害のる私の場合、病院の栄養士さんがヒジョーに迷惑がられるかと思いますが・・・(だから今回入院した病院も、レスパイトは断られたのかも知れませんねえ)。

    春夏秋冬くらいのペースで、レスパイトできれば理想ですね。年度末・年度初めは姿を消したら大ブーイングになりそうですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。