眠り込んでしまいました。

 日付偽装しています。

 都議選の動きを見つつ、夜中にネブライザーとカフアシストのお世話になりました。何か引っかかるなあと思っていたら、すりおろしリンゴを気管に誤嚥していました。リンゴジャムも誤嚥に注意しないといけなさそうですね。。

 ちょっと休憩してから午前3時ごろからブログを書いて仕事をしようと思っていたら、いつのまにかこんな時間でした。退院してからの1週間、ドタバタしていたからか、昨日は異常に眠かった、疲れてましたです。

 さて、今日もぼちぼちと行きましょうか。
 

2 thoughts on “眠り込んでしまいました。

  1. ぐりぐりももんが 返信する

    この二三日、ホーキング博士についてネットで検索していました。博士もALS患者なであることは良く知られており、最近体調を崩されたものの67歳になってご健在です。これには、家族の献身的な支えがあるんだそうで、食事を自分の口からなるべく取ってきたと言う話を何かの雑誌で読んだ記憶があって探していたのです。食べ物を口に入れたら、顎の噛む動作を家族が手で補助してガツガツ咀嚼させた上で、食べてもらうとかで、はたから見ると壮絶なバトルのように感じたと、筆者が書いていたと記憶しています。良く、噛む運動は脳を活性化させると言われておるのですが、博士の偉業も、この食事と言う運動から来たのでしょう。
    とよこさんは、どうでしょうか? お仕事柄、噛む代わりに良く喋ることで、いつも活性化されておられるのかも知れませんね。では、、、

  2. toyokosan 返信する

    ぐりぐりももんがさん、ありがとうございます。

    ホーキング博士、一時期、重体に陥ったというニュースが流れたので心配していました。調子が戻ってこられたようでよかったです。

    博士の最初の奥様は、博士を発症以来、ずっと看護してこられた看護師さんだったそうです。博士におそらくぐりぐりももんがさんが書かれたような厳しいリハビリを続けながら、博士の発する言葉を著書にして発表しておられたのでしょうね。

    その後、博士にも奥様であった看護師さんにもそれぞれの出会いがあり、今は離婚されてそれぞれ新しいパートナーとお付き合いされているようです。新しいパートナーも博士の著書をまとめるお手伝いや、博士の研究発表などであちこちを駆け巡っておられるようです。

    ぐりぐりももんがおっしゃるとおり、私はしゃべる筋肉は鍛えている?方かと思います。そのためか、舌の萎縮はあまり進んでいません。ただ、食べる筋肉としゃべる筋肉とは若干異なるところがあるので、咀嚼する力や嚥下する力が衰えてきたなあ、と最近感じます。例えばリンゴジャム1つとっても、自分の咀嚼と嚥下能力に合わせて作り方が徐々に変わってきています。食べることにはさほど興味はないけれど、しゃべりは絶対残しといて〜とALSの神様?にお願いしているので、そうなるのかもしれませんね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。