やっぱり中途覚醒してしまうなあ。

 日付偽装しています。

 昨晩は、今日の朝に府税事務所へ持っていく(意味があるのかないのか結論は分からない)資料を作っていました。大した資料じゃないのに、身体が痛いし・疲れてるし・だるいしで、全く進まず。結局、午前3時30分ごろまで起きていました。朝にめまいがすると困るので、レペタン座薬は我慢しました。

 レペタン座薬を入れても入れなくても、やっぱり中途覚醒してしまいます。2〜4時間位しか連続で眠れません。目が覚めると一度起き上がり、ソイミルクティを作って飲みながら起座呼吸しつつ休憩していると、また眠気が出てきます。連続して眠れない体力ないしは呼吸筋になっちゃったのかなあ。精神的には、私は年中そううつみたいな状態なので、いろんな科からテキトーにもらっているテキトーな薬を飲んでいます。それでも中途覚醒するから、体力的ないしは精神的に睡眠障害なのでしょうね。昔は夜中遅く寝ても、昼前まで連続で爆睡できたんだけれどなあ。

 今日はダンナの運転で府税事務所へ行って、社会保険事務所に行ってきます。ここからはダンナと別行動。ダンナは仕事へ。私は社会保険事務所で自分の障害年金のことについて質問したいことを聞いて、バスで帰って来る予定です。ウチの前を通るバスは2時間に1本だから、時間ズレたらメイン通りのバスに乗って、後は家まで電動車椅子を運転して帰ろうかな。都市内格差だねえ。

 帰ってからレペタン入れようっと。お昼からは副作用で寝てるだけの日になりそうだなあ(–) 溜まってきた仕事を仕上げたいんだけどなあ。
 

2 thoughts on “やっぱり中途覚醒してしまうなあ。

  1. ぽんた 返信する

    なかなか ハードな生活ですね(;一_一) 入院中は 眠ることが出来ていたのでしょうか? もし出来ていたのであれば、やはり生活スタイルが眠りに深く影響していることですね。とよこさんは 誰よりわかっているんでしたね。大事にして下さいということは
    とよこさんにとって応援になるのか!はたまた、テンションをさげることになってしまって  うーーん やりたいことやってほしいです。そのためには体力が必要で
    どうどうめぐりで ごめんなさい 毎日応援してます

  2. toyokosan 返信する

    ぽんたさん、ありがとうございます。

    ハードな生活を送れる間は、まだ幸せなのかもしれません。でも疲れが残りやすくなりました。

    中途覚醒ですが、入院前から起こっていました。特に呼吸が苦しくなり始めた4月末ごろから起こり出し、座椅子で眠ったり、休憩したりしていました。入院中は午後9時消灯でしたので、一旦眠り、12時過ぎからゴソゴソとPCを見たりしていました。夜中にPCを使わないでねと看護師さんに怒られてからは、布団の中で考えごとをしたり、もう一度、眠剤を飲んだりしていました。だから午前中は、いつも眠かったです。今でもそうですが・・・。

    睡眠サイクルが無茶苦茶なのは、学生時代から続いています。社会人になってからも徹夜仕事が結構あったので、今に渡ってずっと「規則的に不規則な生活をする」という状態が続いています。仕事が進みだしたら、寝るのが少しくらい遅くてもいいかと思ってしまったり、仕事が進まなくても何とかしないとと思ってしまい、ただ単に遅くまで起きてしまっていたり・・・。

    疲れにより仕事や生活のペースが落ちてきているにも関わらず、それを自覚せずに(できずに)、「無意識に」今までどおりの仕事や生活をしようとしてしまうので(できるはずだ、というような考え方ではなく、あくまでも無意識にです)、疲れがその予定を狂わせていることに気付くのが遅いんですよね。。

    ヘルパーさん等に助けていただきながら、体力を温存しつつ、やりたいことをやっていこうと思います。いつも応援ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。