「テグレトール」、キケンがいっぱい。

 今日から抗てんかん薬「テグレトール」を飲み始めました。といっても、1回(1/2錠)飲んだだけでストップしています(処方は1/2錠を1日2回服用になっています)。この薬、恐いです。私には神経痛緩和としてではなく、てんかんの患者さんと同様の効き方をしてくれます。

 具体的には、恐ろしい眠気が急に襲ってきて、脳の活動が止まり、その場でバタッと倒れてしまいます。PC打っていたら、頭をキーボードにぶつけ、そのまま眠ってしまいます。廊下を歩いていたら、床に座り込んでそのまま眠ってしまいます。これはキケンと思って布団に入っても、頭だけ眠ってしまっている感じで、身体は普通の睡眠をしていません。脳に身体が眠らされているという感じです。

 恐ろしい眠気が襲ってくるから、体の痛みがラクになっているのかどうかさえ判断がつきません。判断をつけようと思って意地になって起きていようとすると、転倒等の危険に自らを晒してしまいます。脳の活動を無理に止めるというのがどういうことなのか、実体験をもって感じることができました。

 なので効果判定は出来ていないけれど、というよりキケンが多すぎて効果判定を出来ない状態のまま、「テグレトール」を飲み続けることを止めることにしました。またひとつ、「オピオイド、プリーズ」への想いが増してしまいました(–) 初診病院の担当Dr、残念がられるだろうなあ。申し訳ございません。ある意味、睡眠薬として使えそうだけれど、睡眠の質が異なるから、睡眠薬代わりにするのもやめておいた方がいいだろうねえ。
 

2 thoughts on “「テグレトール」、キケンがいっぱい。

  1. さとりん 返信する

    やっぱり・・・とよさんも駄目でしたか。。。。
    あれは、副作用がキツイですね(−−)

    麻薬系の薬も飲んでる人に聞くと、眠気と吐き気が出るそうです。
    どうしても痛みを止める薬となると、脳を眠らすような作用があるんでしょうね。

    今後の課題ですね!

  2. toyokosan 返信する

    さとりん、ありがとうです。

    副作用というのか、私の場合、作用というのか、強い薬ですね〜。てんかんの患者さんがあの薬を必要とされる理由が分かったように思えます。

    >麻薬系の薬も飲んでる人に聞くと、眠気と吐き気が出るそうです
    私が使用しているレペタン座薬(麻薬とはいえないけれど、一応オピオイドの仲間です。ガン以外も使用OKです)も、副作用が強いです。私の場合、強烈な眩暈がやってきます。
    だからオピオイドを使用できるようになっても、副作用をどう乗り越えるか、結局は慣れしかないんだろうけれど、ほんと今後の課題です。

    まずは「オピオイド、プリーズ」にOKをもらわないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。