「トリプタノール」で軟体動物に変身(11/29追記)。

 今日はリハ病院で、合間リハを受けてきました。いろいろ話をしていて、合間リハは普通の医療機関から見ると特別扱いだよ、とセラピストさんがおっしゃっておられました。確かにこんなやり方をお願いしている患者が1人でもいると、全体が進めにくいですよね。ありがとうございます。お陰で助かっております。感謝いたしております。

 リハの後、リハDrの診察を受けてきました。「トリプタノール」がリハ病院の近くの系列薬局にあったので、今日から服用を開始できました。お昼分として夕方に1錠飲みました。感想は、軟体動物に変身した、という感じです。

 「トリプタノール」を飲んでしばらくすると、じっとしている時に感じていた痛みが和らぎます。その代わり、力も入らず、首も背中もだら〜んとしてしまいます。脱力というより、骨格がなくなったという感じです。軟体動物に生まれ変わった感じです。じっとしていると痛みは和らいでくれていますが、動くとダメです。倍返しされてしまいます。ちょっと肩を動かしただけでも、ズキンときます。

 あと、眠気が強いですね。前回のテグレトールのように強制的に眠らされるような眠気ではありませんが、とにかく眠いです。痛みの感想も合わせると、タコツボに入ったタコのような気分です。そのままタコツボの中にいれば痛くない、でもタコツボから出ようと思ったら痛みが発生するし、タコツボから出ても眠気でタコツボに引き戻されるという感じです。なので、PCの前に座っていても、仕事になりません。うまくいきませんね。

 PEGの方ですが、胃液の逆流は無くなりました。でも、肉芽がなかなか治らず、滲出液が相変わらず多いので、「テクスメテン(ステロイド)」+「ゲンタジン(抗生物質)」のダブルパンチを交替で肉芽に浴びてもらうことにしました。さて、どうなることやら。風邪引きさんは、今朝もステロイドを飲んだので、おとなしくなりつつあります。しかしまあ、毎日、薬漬けだなあ。。

(11/29追記)「トリプタノール」、薬効が切れた後の反動がすごいです。今朝早くから、身体が痛くてたまりません。1日3回、処方されている理由が分かりました。でもこの薬、1日3回も飲んでいたら、動けなくなりそうです。