ケア・マネージャーさんの仕事のアプローチ方法って?

 今日、リハの合間にケアマネさんとお話をしてきました。市役所から、ヘルパーさんと訪看さんが一緒に入るのを特例(に近い)としてOKをもらってきました、PEGから入れる薬をシリンジに用意することを、訪看さんがヘルパーさんに指導してもらえるならそれもOKをもらってきました、とのことでした。毎日ヘルパーさんが必要かどうかの話は、今回はケアマネさんにお聞きしませんでした。

 ケアマネさんが今日、「シリンジのことなど、私がプランに書いて、ヘルパーに必ずその仕事をするようにさせますから」とおっしゃっておられました。私は以前から、ケアマネさんが「**に〜〜させます」あるいは「**に何をさせるかを決めるのはケアマネですから」という表現を使われることにとても違和感を持っています。ケアマネさんの仕事って、トップダウンアプローチが手法なのでしょうか。

 私は自分が税法上はコンサル、実態はコーディネーターなので、ケアマネさんもコーディネートすることがその役割ではないの?という想いを持っています。事業所にそしてその事業所で働く方々に何かをさせるよう、プランを通じて命令することが、ケアマネさんの役割ではないと思っています。そのプラン自体、事業所と実際に私のケアをしてくださっているヘルパーさんの意向を聞いて、ボトムアップアプローチで決めていくことが第一歩じゃないでしょうか。もちろん、時にはトップダウンが必要な時もあります。でもトップダウンだけで成り立つ仕事ではないと考えています。

 やっぱり、数ヶ月でもいいから、私自身が自分でプランを作る経験をしてみたいと思っています。その間に、いろんな事業所、もちろんケアマネ事業所、ヘルパー事業所、訪看事業所さんを含め、私の抱いている疑問について話をしてみたい、そして今後のことを考えて行きたいと思っています。

 利用者の意向も大切ですし、現場で実際にケアをしてくださる方の意向も大切です。さほど深く突っ込んで仕事をしたいとは思っていない方に、無理やりプラン通りに動けといっても、モチベーションが下がったままお仕事されることになるでしょう。そうすればミスも増えるでしょうし、意思疎通の行き違いも増えるでしょう。

 今後、本来の意味の身体介護(私の身体に触れること)を考えると、それがイヤな方には無理やり押し付けることはできないです。その時になって、ヘルパーさんを変えていけばいいとケアマネさんはおっしゃっておられましたが、また一から信頼関係を作り、私の身体的特徴を伝え、私の希望する身体介護を行ってもらえるまでに、どれだけの月日がかかることでしょう。それは全て、私の負担です。

 会社の従業員と同じで、いくら登録制であったとしても、ヘルパーさんはヘルパー事業所の従業員です。会社でいうなら、営業マンでも有ります。私達利用者は、実際のヘルパーさんを通して、その事業所の戦略や組織文化などを知っていくことになります。なので、実際のヘルパーさんの気持ちも大切にして欲しいと思えて仕方ありません。そのためには、ボトムアップアプローチも必要なのではないでしょうか。

 何かまとまりのない文章になってしまいましたが、上述のようなことを、自分の身をもって作っていく期間があってもいいかと思っています。またまた、自覚のない自爆患者になりそうですが^^
 

5 thoughts on “ケア・マネージャーさんの仕事のアプローチ方法って?

  1. ぽんた 返信する

    応援します。それが出来るのが一番です。もう少し進行してしまってからでは
    本人の(ケアを受ける)気持ちがダウンしていい関係(対等)になるのが難しく
    自尊心を保つのが困難になるかもしれません。とよこさんは大丈夫かもしれませんが
    互いに理解しあうという視点で進めていけたらいいですね。してあげる、してもらうというのではなくねぇ  ファイト!!

  2. さとりん 返信する

    うちは毎回、ヘルパーさんと看護士さんが一緒の時間だよ。。。。。
    医療と介護保険だから、別に問題ないと思うよ〜
    (うちの地域では他の人もそうです)
    ヘルパーさんにも色々いて、私が以前使っていた大手のニチ○は、痰吸引はアウトだけど
    徹底した教育が出来ていた。
    今の事業所は、痰吸引はOKだけど、半年毎にヘルパー交代制度があり、8人のヘルパーさんがうちに来ていただいてるけど、そりゃあもう質もそれぞれです。
    「あたり」や「はずれ」があるのは確かです。

    身体介護にかかわるようになれば、「はずれ」の人に見てもらいたくないです。
    (もちろん交代はOKですが・・)

    うちのケアマネさんは、最近私に丸投げしてくれるようになったので(放置プレーとも言う(笑))ある意味自分で交渉させてくれます。
    ハンコを月に1度もらいにくるだけ〜とご自分でもおっしゃるぐらい私は楽な利用者でしょう。
    ここに来るまでは、紆余曲折はありましたが・・
    ケアマネさんが中心のチームから、私が中心の立ち位置にいるようになってから、
    カンファも簡単になり、ますます放置傾向にありますが、今はそれがヘルパーさんに依頼する仕事に対しても、自由な(曖昧な)依頼が出来るので、使いやすいです。

    ケアプランをご自分で立てている方も、家族がケアマネの役目をしてる方もいますよね!
    話せる今、とよさんが自分でプランを立てることも、今後のプランに生かされるでしょう。
    頑張れ〜!!

  3. toyokosan 返信する

    ぽんたさん、ありがとうございます。

    自分で作るとしても、恐らく2〜3ヶ月の間だと考えています。ただ、その間に、ケアプランの仕組みや、ニーズを反映されにくくなっているのかや、ケアマネさんはなぜそんなに行政の制約を気にするのかなどが見えてくるかなと思っています。そして自分で事業所さんと話をしながら、関係作りをしていくことを学んでみたいです。行政からもいろいろ説明を聞くことになりそうですから。

    >互いに理解しあうという視点
    そうですよね。この視点が欲しいのです。してあげる・してもらうの関係じゃない視点が欲しいのです(お礼を言わないとかじゃなくてね)。お互いが何かを学べる関係、ひいては何かの部分で尊敬できる関係でいたいです。

    そんな関係作りに向けて、2〜3ヶ月がんばってみます。それ以降のことは、その間に考えようと思います。応援ありがとうございます。

  4. toyokosan 返信する

    さとりん、ありがとうございます。

    ウチも毎回、ヘルパーさんと保健師さんが同じ時間帯にいらしてくださいます。ケアマネさんがおっしゃるには、ヘルパーさんの半分を介護保険外としていたから今までは良かった、でも介護保険内にするなら問題があるとのこと。
    私も、医療と介護は別だし、医療はケアプランに載らないでしょうから、関係ないのでは?と申し出ましたが、市役所に確認に行かれました。私の住む市は、医療と福祉であっても同時にサービスを受けることはダメというのが基本方針「らしい」です(今度、自分で確認に行ってみます)。

    新規対応や状態変化への対応など、ケアマネさんっていつも忙しいから、私たちのような放置プレイ患者?はハンコの関係なのかもしれません。私はケアマネさんが押印に来られた時に、1ヶ月分の様子(病院に出した資料やブログの必要箇所など)をお渡しし、説明している状態です。日程変更の依頼などは、事業所へのFAXと同時に、ケアマネさんにもFAXしています。

    私は自分が中心に立ちたいという気持ちはなく、対等な関係を作りたいなと思っています。なので、事業所さんからの意見も聞くし、事業所さんがOKしてくれないことを強要するつもりはありません。ヘルパーを使うというより、ヘルパーさんと対等に話をしつつ協力してもらう、という考え方かな? だから自分だけ自由を求めようとは思っていません。もちろん、私の意見も聞いていただけ、それに対して意見をもらえる関係を、事業所やヘルパーさん等と作りたいです。

    マイケアプラン運動が少しずつ積極的になってきて、ちょっとずつですがご自分でケアプランを作られる方が増えていますよね。自治体によっては、マイケアプラン作成方法の資料を作っているところもあります。というか、法律上、ケアマネを選ぶか自分でつくるかのどちらでもOKと決められているんだから、自治体は作成方法の資料を作っておくべきなんですけれどね。でもどうしても、「利用者負担はいりませんよ」という言葉でケアマネさんに流れてしまいます。

    ぽんたさんへのお返事にも書いたけれど、2〜3ヶ月だけ作ってみようと思っています。ケアプランを作ることが目的ではなくあくまでも手段です。その裏にある理論や本質を知ることが目的です。ほんとに、話せる今しか、そのチャンスはないですよね。ぼちぼち行きますぞ〜。

  5. toyokosan 返信する

    ↑↑さとりんへのコメントに自己レスです。
    保健師さんじゃなくて、訪看さんでした。ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。