素敵なスタンドが届きました。

 ぽんたさんから、ベッドサイドに置くことができるスタンドを送っていただきました。私がベッドで寝るようになってから、ベッドの高さのために部屋の蛍光灯が眼の近く感じるようになり、眼が痛くなるので電気を消して眠っています。でも、夜中に何度も眼が覚めるので、トイレに行ったり、白湯を飲んだり、PCしながら起座呼吸するなど、ベッドから出て動くことが多々あります。そんな時、今までは灯りのない中で、手探りで歩いていました。でもこのスタンドがあると、眼が覚めたら柔らかい灯りをつけることができます。とてもうれしいです。ぽんたさん、ありがとうございました。

 早速、ベッドの横に設置しました。部屋の電気が付いている時、付いていない時の両方の写真を掲載します。私は夜中に呼吸がしにくくなるため、ベッドの背もたれの高さを上げ、かつ枕を2つ置いて眠っているので、写真ではスタンドの傘の部分と枕が近くなっています。

    

 左が部屋の蛍光灯が付いている時の状態、右が蛍光灯を消している時の状態です。写真より、実際の灯りはもっと柔らかいです。今日から転倒の危険なく、夜中にごそごそ?できそうです。ぽんたさんとご主人さんの想い出がつまったスタンドを、私にいただけて感謝です。ぽんたさんの思いを、灯りを通して大切にしていきます。ありがとうございました。

 今日は義母の入院している病院へ行ってきました。一瞬、眼を覚まし、その時は現実の世界だったようで、私の名前を呼んでくれました。でもその後にまた眠ってしまい、1〜2分後にまた覚醒。その時は、非現実の世界の中にいたようで、小さな声でしたが何かを叫んでいました。偶然なのか、何らかの対症療法をしてくださったのか、声も小さくなっていたし、布団を蹴飛ばすこともなかったです。昨日までは尿管を付けていたそうです。理由は分かりませんが、今日はもう外してくださっていました。

 話は変わって、今日、バゲットを少し食べた後に、PEGからメニエール用のイソバイドを注入しようとしました。PEGの穴にカテーテルを差し込んだ瞬間、胃からボコっと音が鳴り、カテーテルから空気が抜けて行きました。カテーテルの中には、バゲットの消化途中のものも入りこんでいました。食べながら空気を飲みこんでしまったのか、バゲット消化中だからか(イースト菌が胃の中にいる)分かりませんが、こんなこともあるんだと思いました。これからは空腹時であっても、カテーテルを差し込んだ後に、お腹を押さえて空気抜きをした方がいいのかもしれません。お腹にたまったガスのために、PEG周りや腹筋が痛くなっているのかもしれませんから。

 それでは、スタンドと共に寝ることにします。あ、今日予定していた仕事をするのを忘れていました。明日の朝にしようっと。
 

2 thoughts on “素敵なスタンドが届きました。

  1. ぽんた 返信する

    良かった〜大きいかなとか 高さとか 気になってたのですが、写真まで載せていただき
    感謝です。ほんとに良かったです。転倒怖いですからね

  2. toyokosan 返信する

    ぽんたさん、ありがとうございます。

    大きさ、高さともちょうどよい感じです。今日、訪看さんとヘルパーさんにも見ていただき、いいのがいただけてよかったね〜とおっしゃってくださいました。
    昨日は夜に全く眠れず、何度もトイレに行ったり、白湯を飲んだりしていましたが、灯りのお陰で転倒の危険なく、無事に眠れない夜を過ごすことができました。本当にありがとうございます。今夜も活躍してくれそうです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。