レペタン座薬を挿入すると、相変わらずめまいが止まりません。先日、リハDrにめまいのことをお話したら、レペタンと関係があるのかどうかわからないよ、とのことでした。確かにそうかもしれません。とりあえず、めまいを止める薬を飲んでみたいとお伝えして、トラベルミンという薬をいただいてきました。文字通り、乗り物酔い止め薬です(市販薬としても売っています)。私の特技?の1つが乗り物酔いなので、効果があるかもしれません。

 そう思いつつ、レペタンを挿入後にトラベルミンを飲んでみました。確かに効いてくれます。でも2時間もたないです。。中途覚醒する頃には、まためまいが始まります。起立性低血圧のめまいも毎日何回かあるけれど、このめまいとは少し違うめまいなんだよねえ。トラベルミンの服用回数を増やしてもらおうかな。ただ、このトラベルミン、指で押し出して錠剤を出すのではなく、昔ながらの切って出す薬(外から中が見えない包装)だから、指が動かしにくい私にとっては飲むまでが大変なんだよねえ。

 むくみも強くなってきたので、ラシックス(利尿剤)も出していただきました。月経喘息が起こるのはむくみが原因の1つなので、その防止のため、半錠だけたまに飲んでいました。でも、それでは間に合わなくなってきたので、1日1錠にしていただきました。レペタンを使用すると自律神経に影響を与えるためか、私の場合、尿の出が悪くなります。それもあって、ラシックスを飲んで余計な水分をださないといけないなあと思い始めました。

 薬の影響を薬で止める・・・全ての薬の服用を止めると一体どうなるだろう、って考えても薬をやめることはできないんだから、上手く活用して行こうっと。
 

2 Comments

  1. ぐりぐりももんが on 2009年10月12日 at 2:04 PM

    とよこさんへ、
    ネットを見ると、トラベルミンはメニエール病によるめまいの治療にも用いられると説明がありました。乗り物酔いだけじゃないんですね。ただ、危険成分ジフェンドラミンの占める割合も大きいと紹介するサイトもあって、色々なことが分かります。薬の種類が増えてくると、飲み合わせに注意する必要もあって、ご苦労かと思います。
    昇降トイレなんですが、http://www.kaigo-reform.net/washkaigo03.htmlを見ていたら、なかなかスグレモノですね。 この会社のロゴですが、福祉先進国のドイツ国旗をパクっているところが面白いです。それから、商品名でタスカルチェアなんて名づけている会社もありまして、たかがネーミング、されどなんだなーと思いました。

  2. toyokosan on 2009年10月13日 at 6:46 AM

    ぐりぐりももんがさん、ありがとうございました。

    トラベルミン、メニエール病にも効用ありと書かれていますね。私も見つけました。その時に、昔、メニエール疑いといわれたなあということを思い出しました。
    リハDrが、めまいはレペタン座薬から来ているとは限らないとおっしゃっていたのは、ひょっとしたら、こういう耳鼻科系のことも考えてなのかも知れません。あるいは私が低血圧(上が80ぐらい)だからかもしれません。
    これを好機に、私がメニエール病じゃないかどうか、確かめておこうと思います。ありがとうございます。

    >危険成分ジフェンドラミンの占める割合も大きいと紹介するサイト
    これは全く知りませんでした。緑内障等の方は服用禁止とはかかれていますが、それらと関係あるのでしょうか。どんなキケンが潜んでいるのでしょうかね。。
    飲み合わせや成分にはほんと気を使います。初めて飲む薬は病院の営業時間?内にアスピリン喘息の発作が出ないか確かめてから飲む、といった工夫をしています。

    便座昇降機、URLを乗せていただいたものと殆ど良く似ています。若干デザインは異なりますし、下の便座がウチの方はもっと小さいので、ウチのは何となくバランスが良くないです。私が購入予定の便座昇降機がまだネットで写真が見つからなく、掲載できないでいます。でも商品はなかなかスグレモノです。
    福祉用具ってネーミングがおもしろいのが結構ありますね。小林製薬のネーミングまでは行きませんが、高齢者に親しみを持ってもらえるようにしてあるのでしょうね。でもネーミングのお陰で、商品が???に感じるものが有ります。例えば「膝まくら」という商品とか・・・。これと同じネーミングで、全く異なる商品もあったりします。

    ドイツの福祉用具は格好いいのが多いですね。国旗をパクりたくなる気持ち、分からないでもないです(^^)
    いつもいろいろ調べていただき、ありがとうございます。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)