いよいよ明日で退院。昨日で退院された方が多く、今日の病棟は静かです。いつも何かと文句ばっかり言っているおぢちゃま達の声が、より一層、響いています。

 明日はお休みである、今回の入院で大変お世話になった看護師さんに、夕方ごあいさつをしました。学会出張から一度病院に戻ってくる「かも」というウワサのあった担当Drは、やはり行方不明。なのでごあいさつなしで退院です。また次回の通院時にごあいさつすることにします。PEG造設手術をして下さった消化器外科の先生2名とは、昨日、そして今日と、順番にごあいさつできました。

 看護師長さんから依頼のあったアンケートも書いたし、ぼちぼち退院の準備を始めます。とよダンナに今日持って帰ってもらえるものを、運んでもらおうと思っております。明日は電動車椅子、カフアシスト、薬、枕、少量の衣料だけ持って帰ります。BiPAPは病院への貸出だから(Drの処方箋がないと、患者は勝手に持って帰れない)、ここの病院に置いて帰り、どこかの病院で再入院が決まったら、また業者さんに持ってきていただきます。

 今日はとよダンナが午後3時頃から来てくれました。そこで電動車椅子用イルリガートル台にエレンタールの入ったPEGセットをつけて、1階の外にある屋根付きの休憩場所に行ってきました。ここは禁煙なのですが、食後は酸素ボンベをお供に、喫煙者のたまり場になっています(大丈夫かいな)。

 気持ち良い風を感じ、スズメを見ながらしばし休憩。これからも外来で通う病院だから休憩場所はいくらでも見られるけれど、病室以外のところでゆっくりしたことがなかったので、とても新鮮な気持ちでした。のんびりしている最中の私の小さい写真を1枚だけ。
 
 でもこの後、エレンタール「緊急外出」コールがかかり、慌てて病院1階のトイレに戻りました。

 トイレの後、そのまま病室には戻らず、病棟の最上階である12階に出かけました。理容院と喫茶室(どちらも昔ながらの怪しげなところ)のある階です。EVホールから見える風景を、また小さい写真で1枚だけ。住宅街ですが、山と古墳と田んぼや畑に囲まれた、のんびりした大阪の一地域です。
 

 みなさま、たくさんの応援をありがとうございました。今回の入院目的の全てが終わった訳じゃないけれど、一応、一区切りです。明日、いよいよ監獄からシャバの世界へ戻ります。その前に社会復帰センターかどこかに行かないといけないかなあ。すっかりサボリ癖がついてますから(^^) 今日は早い時間にブログをアップし、片づけして眠ることにします。
 

6 Comments

  1. さとりん on 2009年7月5日 at 12:29 AM

    いよいよ明日退院ですね〜
    3週間、お疲れ様でした! とよダンナ様もお疲れでした!!

    お持ち帰りの荷物(機器)が増えて、退院も大変な作業だね。

    退院して急に無理しないように、気をつけてくださいね〜!

  2. toyokosan on 2009年7月5日 at 1:18 AM

    さとりん、ありがとうです。スパゲティの味はいかがでしたか?
    筋原性の彼女は、その後、あまり進行していないようでよかったです。

    3週間も病院に住み着いていたら、医療のいろんな世界が分かったり、通常ならなかなか会えないさとりんのような友人・知人と会えたり、業者さんとの打ち合わせ場所に使ったりと、すっかり自分の家(事務所?)と化してしまいました。

    カフアシストが新しいアイテムとして増えます。あと大量のエレンタールとPEGセットの置場や掃除する場の確保なども必要です。
    月曜日の朝に早速リハへ、その後に訪看さんのご訪問、そして夜はリハDrの診察です。火曜日は義母のケアマネと契約し、施設(特養、老健、ショートステイ)へ予約しまくる日々が続きそうです。カフアシストの業者さんも近々お越しになる予定のあるし、仕事の打ち合わせも入ったしで、早速、バタバタの週が始まります。

    ゲッケー前痛が始まり(そのため、今、ゴソゴソと起きだしてきています)、私の体からの退院祝いはどうやらゲッケーのようです。ゲッケーが終わるまで病院に痛いような気もせんでもない・・・。

    今度は関西チームと会えることを楽しみに、エネルギーを蓄えておきます。今回の入院で、間違いなく太っただろうなあ。

  3. ゆんゆん on 2009年7月5日 at 6:26 AM

     おつかれさまでした
    これからは栄養を気にせずに食べたいときに好きなもの食べてね
    ただしカロリーのとりすぎは駄目よー
    太りすぎると足に負担かかるから
    とよこさんは太らない体質かな

  4. toyokosan on 2009年7月5日 at 9:48 PM

    ゆんゆん、ありがとうございます。

    食べられるもの探しや食べられるもの作り、そして栄養を考えることにすごく疲れを感じていたので、今はホッとしています。注入だけでエレンタール300kcal×2=600kcalを取っているから、好きなものを好きな時に食べ続けていると、いつの間にか太っていそうですね。

    私は太る体質です。元々、かなり体重があったから。それが胃潰瘍で減り、ALSで減り、今の体重になりました。だから気をつけないといけません。脚の力が弱り出しているから、脚に負担をかけないように気をつけます。

    PEGをするまではイヤだなあ〜という気持ちだったし、手術した時はやめとけばよかったと思ったけれど、今は造設しておいてよかったという気持ちです。まだちょっと痛いけれどね(^^)

  5. gurigurimomonga on 2009年7月8日 at 11:39 AM

    ようやく、とよこさんのご尊顔を拝謁させていただきました。退院されて本当に良かったですね。お疲れさんでした。
    これまで、入院の記事を大体読んで来ていたのですが、タイのダレた生活で脳みそも回らなくなったせいか、状況が複雑すぎて、ようコメントできませんでした。悪しからずご了承下さい。
    とよこさんの雰囲気、コンサルタントって感じがバリバリに漂っていますねー。おいらの会社を診てもらったら、あそこ駄目とかダメ出しで指導ばかり喰らいそうだなー。
    それと、やっぱり内地だねー。おらの生まれた北海道では、前方後円の古墳なんか見たことも無かったしね。貝塚はあっても、古墳は少ないし規模が小さいのですよ。日本の風景も違うもんだと思いました。では、、、

  6. toyokosan on 2009年7月8日 at 11:52 PM

    ぐりぐりももんがさん、ありがとうございます。

    私の本当の顔は、もっと上戸彩に似ています(うそ)。コンサルというより、コン猿、猿系の顔をしています(–) 小規模な会社さんとのお付き合いが多いので、ぐりぐりももんがさんのような海外展開されている会社さんのコンサルなんて、私にはできそうにありません・・・。

    入院中の出来事は、私自身も状況が掴めないことが多々ありました。それをブログで整理していたのですが、今度はブログが訳の分からない状況、コメントをいただきようのない状況になってしまっています。。反省です。

    北海道には2回、旅行に出かけたことがあります。私も地形・風景の違いに驚きました。まず同じ山でも樹木が全然違うし、山の形も違います。気候帯の違いを感じました。また、山が全然ない、水平線が見える場所があることに感激しました。北海道、また行きたいです。

    私の住む地域や今回入院していた病院の地域などは、大阪でも大小いろんな古墳が集積しているところです。どなたが眠っているのか分からない古墳もあります。また、古墳地域が集まって世界遺産に立候補しよう、というような動きもあります。なので、古墳がある街(そしてそのために坂道が多くなる街)が普通の街に感じられます。高校生の時に、文化祭で古墳の模型を作ったりもしていましたよ。

    日本もタイもいろんな場所・風景がありますね。ぐりぐりももんがさんのブログを見て、タイにこんなに面白いところがあるんだなあなどと、いろいろ学ばせてもらっています。タイからのレポート、楽しみにしています。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)