行ってきました、発熱外来。うそうそ、アレルギー内科のDrの診察を受けてきました。発熱外来は、いろんな病院から応援のDrが来られているようです。恐らく発熱外来の指揮を執っておられる私の担当DrのPHSが、発熱外来から何度も鳴っていました。発熱外来で擬陽性と判定された方も、同じDrの診察を受けに来られていました。ちなみに病院の入り口は正面玄関だけ開かれており、後は閉鎖。正面玄関では熱がないかどうか確認されました。

 診察の中で、動脈血ガスとスパイロ検査を受けてきました。血ガスの結果は、PaCO2は前回(45.7mmHg)より下がって標準値の範囲内(41.1mmHg)になりました。でもPaO2は、前々回(100mmHg)、前回(80mmHg)よりもまた下がってしまい、71.1mmHgとなりました。それよりもたぶん下がっているだろうなあと思っていた肺活量(%VC)が、前回(66.6%)と比べ今回は約25ポイントも下がり、41.1%となりました。肺活量ダイエットに成功したようです???

 この結果、速攻、PEGと気切監獄への収監命令が出ました。でも気切監獄への収監命令からは逃走してきました。やっぱり命より声が大事です(命がなくなったら声もなくなるけど^^)。PEGは間髪入れる間もなく、同じ病院の消化器外科受診の予約日が決まりました。来週、消化器外科を受診し、また別の日にアレルギー内科のDrの診察を受け、入院・手術日が決まります。通常なら1泊2日の入院で済みますが、まあどーせ痛いんだから2〜3日ゆっくりしていきというDrのお声掛けにより、2泊3日くらいになりそうです。その間に、後述するカフアシストとBiPAPの導入練習もすることになりました。

 手術時に使う局所麻酔薬・鎮痛剤(麻薬)の話などをしていた時に、ボルタレンあかんか?とDrに質問され、ボルタレンロキソニンも飲んだら死にますと答えました。だから〜、私は鎮痛剤を受け付けてくれないアスピリン喘息だってばあ。ましてやボルタレンロキソニンって、鎮痛剤の二大王者?じゃないですか。加えて、血ガスを取る時もアルコール消毒しようとされたので、アルコール喘息の私は咳き込みながら、あかんって〜カルテの表紙にアルコール禁って書いて下さってますよ〜、って訴えました。そーやったなあ〜耄碌してるからなあ〜とDrのお返事。せんせー忙しすぎですわ、とお返事しました(^^)

 気切の方は、今日の診察の最後まで勧められました(今後も勧めてくださることでしょう)。BiPAPよりも気切、気切。この肺活量だったら、BiPAPがどこまで有効か分からへんよとのことでした。それでもいいから、試してみたいとお願いしました。カフアシストについては、私の担当Drも、同じ病院の他のDrも知らんなあ、導入したことないなあ、とのことでした。

 そこで、先日の記事にURLを掲載した宇治徳州会のカフアシストの説明をお見せし、徳州会ではどの病院にもカフアシストが置いてありますと書かれていたことから、発熱外来に応援に来ておられた某徳州会の先生に聞いてくださいました。でも、知らんなあ〜とのお答え。その後、私の担当Drと親しい某徳州会の呼吸器科のDrにお電話してくださいました。そういえば2台ほど置いてあったけど、どこ行ったかなあ、使ったことないなあ、自費でお金かかるからみんな使いたがらないしなあ、とのこと。確かに高額ですからねえ。また、気切していないとカフアシストの効果はあまりないよ、とのことでした。出た、他の病院からも気切攻撃が(–)

 その後、カフアシストとBiPAPのメーカーであるフジ・レスピロニクスさんに、Drからお電話してくださいました。貸し出しOKとのこと(病院に対してでも、個人に対してでも)。貸し出し料金は、やはりおよそ2万円/月。導入指導は納入の時に行いますとのことでした。結局、今の病院で、今のDrにより、「見よう見まねでカフアシストを導入しよう^^」、ということになりました。おそらく2泊3日の予定で、PEGの手術とカフアシストおよびBiPAPの導入指導の入院(一部、実験入院とも言う?!)となりそうなので、めちゃくちゃ忙しい入院期間になるだろうなあ。

 そんなこんなで、泣く泣くPEGを作ってきます(–) 局所麻酔ナシで胃に穴を開けられたら、私は暴れるぞ〜。そんな筋肉、もう残ってないけど(^^) 明日も同じ病院の、今度は婦人科受診です。
 

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)