毎日毎日、体調の日内変動が激しくて困っています。徐々に変動差が大きくなってきました。私の呼吸筋は、どうやらパートタイム労働者だったようです。午前10時に出社し、適当にごろごろし、お昼を食べ、また適当に仕事し、午後6時の合図と共にお片づけ開始。午後7時ごろには、もう閑散としています。パートタイマー呼吸筋さんがお帰りになったら息苦しさが強まり、声を出すのが辛くなります。

 午後7時頃からの息苦しさが始まると、体調も一気に悪化します。晩ご飯を作る元気もなくなれば、食べる元気もなくなります。食べること自身に疲れてしまい、食べたら眠ってしまいます。寝るのもうつ伏せ(左右どちらかを少し上げて)でないと眠れないし、眠れても数時間で目が覚める。目が覚めたら起座呼吸しないと呼吸筋の偏りが直らない。でもまた座ってるのが辛くなり、うつ伏せ寝に戻る。

 そんなことを繰り返しながら寝不足の朝を迎え、またパートタイマー呼吸筋さんはお仕事を始めてくれます。なので、日中の仕事は何とかこなせていますが、夜のPC作業が殆どできなくなってきました。片付けるべき仕事を目の前にしながらただ起きているだけの時間・・・もったいないし、くやしいなあ。本を読みたくても、本を持つのも腕と手が疲れるしなあ。

 早く気切して呼吸筋を休めなさいと、Drは言ってくださいます。でもやはり、声を失うこと(良くて小さい声)=仕事の幅が狭まることに対する抵抗感はぬぐえません。気切ではなく、BiPAPとカフアシストにチャレンジさせてもらえるよう、Drとお話してきます。

 しっかり働いてね、パートタイマー呼吸筋さん。え、時給アップを希望?! 労使交渉だね(^^)
 

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)