今日は午後にあった講習会の仕事の後、久しぶりに私の実家へ行った。距離的には遠くないけれど、年に数回程度しか行かない。今日の目的は、私がALSになったことを伝えるため。ネットから引っ張ってきたALSの情報を、2日前に到着するよう実家に郵送で送っておき、今日の夜、説明に出かけてきた。

 (こんな病気になって)「情けない」。これが親からの最初の言葉だった。案の定だな、って思った。それから少し話をし、最後は「まあ気丈にがんばれや」で終わった。私からは「私がどうしても(親に)して欲しいこと以外、何もして欲しくない」って伝えておいた。

 私の病気や障害、仕事や価値観について理解してもらうことを、私の最期まで、私は期待していない。「家族」という社会的に作られた制度(常識)について大いなる疑問を持っている私だから(といって、家族愛を否定しているわけではない)、別に期待しようとも思わない。とりあえず、親への報告が済んで1つストレスが減った。

 今日はいつも以上に疲れたので、今からお風呂に入って寝ます。おやすみなさいです。
 

4 Comments

  1. さとりん on 2008年11月30日 at 11:26 AM

    「情けない」=不憫だという意味あいで言ったのでしょう・・

    実家に今まで話さなかったとよさんは、親に対して甘えるのが下手なのかな?
    でもこれで、すっきりして隠し事はしていないことになったのだから、
    後はとよさんの思うように生きていけばいいと思う。

    私も母には、先にあの世に逝くかもしれないけど、最後まで自分の思い通りに
    生きて生きたいからって言った。
    それは、どう思って解釈されてるのかは??だけど・・・

    ご両親の言葉どおり「気丈に頑張ろう」(^^)

  2. toyokosan on 2008年11月30日 at 7:14 PM

    さとりん、励ましをありがとうです。

    「情けない」の意味には、私が病気になったということが不憫であるという意味合いが少し。
    そして、私の数少ない従兄弟が(親を残して)すでに3名亡くなっているので、
    ウチもかーという意味も少しあるでしょう。

    そして、残り(の大部分)は、ウチの実家は未だに家父長制であるということから
    この言葉が出てきた、と私は思っています。

    つまり私が、オンナ・ヨメとしての価値がなくなっていくという意味で
    情けないと言ったのでしょう。
    (私はフェミニズム論者ではありませんが)

    >親に対して甘えるのが下手なのかな
    上手か下手かで答えると、ヘタですね。
    でも、家父長制の下で親に甘えたいとは思わない、という気持ちが大きいです。

    >後はとよさんの思うように生きていけばいいと思う。
    子どものころからずっと、この近代的(ないしは前近代的)な家父長制を
    未だに続けている実家から早く逃げたいと思っていました。
    なので高校生のころからバイトを続け、大学時代の途中で家を出た。
    (高校生の時は、バイトの他に内職もしてた^^)
    パッパラパーの弟も家を出た。
    そういう意味、家父長制から自由になりたいという意味で、
    思い通りに生きたいと思いました。実家を出た時も、そして今回も。
    もちろん親に対する義務は果たすつもりでいますが(それも困難になってきたけれど)。

    さとりんのお母さんは、さとりんの言葉に対してどう感じておられるのでしょうね。
    今までのさとりんとお母さんとの交流(?)を、ほんの少しだけど教えてもらってきて、
    私はきっと、さとりんの気持ちをお母さんは何となくでも分かってくださっていると思っています。

    お互いいろいろありますが、気丈に、気長に?、ぼちぼち行きましょう〜。

  3. nagomi on 2008年12月1日 at 1:26 PM

    はなから期待なんかしてないけど、「やっぱし〜」って
    思える言葉や態度を目の当たりにすると「は〜ぁあ」っと
    ため息のひとつもついてしまいますね。。。

    私も昔、親と会うたびにそんな気持ちを味わっていたので
    わかります。

    今後も同じような関係性であるかどうかはわからない。

    原家族として報告はしたことでストレスがひとつ減って
    良かったです。おつかれさま。

  4. toyokosan on 2008年12月1日 at 2:47 PM

    nagomiさん、ありがとうございます。

    実家の前でため息つきすぎて、
    ため息につまずいてこけそうになりました(^^)

    nagomiさんのおっしゃる通り、
    原家族への報告が済んで、とりあえずは良かったです。
    後は向こう側だ。
    こちらはまた違う意味で大変だ。。。

    >今後も同じような関係性であるかどうかはわからない。
    確かにそうですね。良い関係性になれるかもしれないし、
    逆に私の病状が悪化したら、今度はパターナリズム大発揮したりして(^^)
    どっちに転ぶかなあ〜。転び方を観察するのも楽しみの1つかも。

    40年間続いてきたから関係性だから、
    同じ関係性が続きそうな気がしないでもないです。
    父親一族皆家父長制だから、一人だけ変われることについては、
    私の期待値を低くしておきます。

    他人が変わること(他人を変えること)を期待するより、
    過去を変えることを期待することより、
    自分とその未来を変える方がずっとラクですから(^^)

    ではでは〜。いつもありがとうございます。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)