食べ忘れた「いももち」

 今日(29日)はダンナと上本町の近鉄百貨店に車で出かけました。といっても、ウインドウショッピングをする体力はないので、目的のフロアしか行きません。立ち寄ったフロアの1つが書籍売り場。今後の自分のこと、そして仕事の関係上、介護保険障害者自立支援法の最新の法解説本を買おうと思ったのですが、介護保険の書籍は平成19年度3月初版のものが最も新しい書籍だったのでヤメ。自立支援法については、1冊も書籍がありませんでした。やはり田舎。

 その後、私が仕事帰りによく立ち寄るB1の総菜売り場へ。通路が狭いから、車椅子になったら来れないなあ〜なんて思いながらよぼよぼ歩いていました。串カツ屋さんのオープンキッチンを見ていると、小麦粉の物価が上昇しているためか、衣のつけ方が非常にケチケチしているようにみえました。食べる側にとっては衣が少ない方がいいのですが。で、ダンナが串カツ好きなので、串カツを買って帰りました。

 その近くに、「いももち」を売っている売り場がありました。「いももち」好きの私、即効買ってしまいました。これもいつまで食べられるんかな〜と、何でも自分の将来にあてはめてしまいます(^^) で、大好きな「いももち」のはずが、先ほどカフェオレを電子レンジで作ろうと思ってレンジを開けたら、中に「いももち」が・・・。温めたあと取り出すのを忘れ、夕食時にも気がつかなかったようです(–) ボケてるなあ。

 書籍売り場へ行き、総菜売り場で「いももち」を買った頃には、お決まりの膝ガクガクモード。ここで打ち止め。さっさと車で帰りましょう。上本町近鉄は百貨店と駐車場の間にホテルがあります。そのため駐車場から店舗までの距離がとても長いので、百貨店と駐車場を回る送迎サービスカー(といっても遊園地にある乗り物みたいなカート)があります。昔はサービスカーを待たなくても歩いて往復できたけれど、今はダメダメ。座って並んで待って乗りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。