大阪府は大荒れの天気が続いております。

 といっても、ここのところの天気の話ではありません。大阪は連日、暑い日が続いております。そうではなく、大阪府の行政のお天気のことです。

 新しい知事様の大阪なんとかプログラムのお陰で、府の職員さんたちは現在、新しい制度設計に大あらわ。そして、その一部の政策を府の委託等によって実施する機関は、どっちから吹いてくるか分からない風雨に向かって傘をさしては傘を飛ばされる・・・。今、大阪府の職員さんとその関係者はほんと大変です。私の仕事は行政関係の仕事が多いのですが、私には飛ばされた傘を拾って修理することぐらいしか応援できません。でも実際は、修理すらできないもどかしさ・・・。

 市町村も同様で、大阪府からの補助金カットで政策の見直しを迫られるばかりか、ここぞとばかりに勢いに乗って更なる財出削減を図ろうとする市町村財政関係者と関係部署の攻防を耳にします。私がいくつかの市町村と関わってきたプロジェクトも、どこかへ飛んで行ってしまいました。大阪府と市町村の補助金を介した結びつきの仕組みは、私の知る限りでは他府県よりも大きく、知事様のおっしゃる「出血を止める」ことだけを進めると、大変なことになりかねません。

 知事様の支援者のみなさま、偉そうなこと言って申し訳ございません。私は知事様のおっしゃること全てに反対しているわけではありません。賛成できるところもあります。でも、1)スクラップ&ビルドの、ビルドを考えることなくスクラップだけ進めてしまったこと、2)スクラップしてもいい部分とダメな部分(行政のやるべき仕事)の判断を、ポートフォリオのように決めてしまったこと、3)手をつけやすいところにだけ手をつけたこと、4)障害者/高齢者/子ども/中小企業などのニーズを一元化してしまったこと、5)NPOを行政の下請けのように扱っていること、6)市町村を大阪府のグループ会社みたいに扱っていること、7)お金もかかりエネルギーを無駄にし植物にとっても良くないイルミネーションに異様にこだわっていること・・・などなどの点で、私は疑問を持っています。行政は株屋・投資家ではありません。

 例えばニーズの一元化についての疑問を書くと、中小企業政策に力を入れるといっておられますが、中小企業といっても従業員300人近く雇用している中堅企業から、従業員の少ないないしは家族で経営する小規模事業所まであります。政策ニーズは全く異なります。障害者のニーズも同様です。高齢者も同様です。そして、障害者と高齢者ではそもそものニーズが異なります。子どもだって、学力の高い学校を作りたいとおっしゃっておられますが、そこに入りたい子どももいれば、学習すること自体に苦労がある子どももいます。で、それらへの配慮は、細かいニーズ対応は市町村が把握しているから市町村に任せるとおっしゃっておられますが、その言葉とは裏腹に市町村への財源はカットです。創意工夫でできることと、創意工夫だけでは限界があることを分かってもらいたかったです。

 もちろん、財源さえつければよいというわけではありません。財源(税金)を無駄に使わず、あるいは最低限しか使わずして、ニーズを満たす工夫をしている行政職員の方々や、企業・NPOなども存在します。そのような仕組みをビルトしてから(しながら)スクラップを進め、財源の配分を考えていかないと、例えばALSのような全身性障害者や、企業でいえば小規模事業所など、自分たちの努力だけではどうにもできない要因を抱えている者の二ーズは救えません。動けない障害者に、財源ないから自分のことは自分で創意工夫してやって、なんて言われても無理です。介護者・支援者による無償の創意工夫だけでは、やがては限界がやってきます。小規模な会社だから倒産しても税収や雇用にさほど影響はない、ということなのでしょうか。ここでも家族の無償の愛そして犠牲を求めているのでしょうか。

 そして保険制度ではない障害者自立支援法は、国:府:市町村:利用者=5:2:2:1の財源ですから、事業によっては給付(支援費)の締め付けが強くなる可能性が高いと私は思っています。財政力に乏しい市町村で、それが顕著に現われそうです。介護保険にはないサービスを受けたくても、受けられないALS患者が増えそうです(そもそも受けることができていない患者の方が多いと思うのに)。

 阪神タイガースがまもなくマジック点灯とのこと。阪神の調子の良さに知事様の調子の良さが、大阪人(全員とは言わない)には重なって見えるのかもしれません。勢いの相乗効果でしょうか。何度も申し上げますが、私は知事様のやっておられることを全面否定するわけではありません。ただ、知事様のやっておられることの利害関係者がどれだけ広いか・深いかを知っていただきたいと思っております。

 と書きつつ、こんな行政を作ってしまったのは、行政のガバナンスをちゃんとしてこなかった私たち市民・府民の責任でもあると、私は考えております。小さい声ですが、私は自分の現場で「おかしいことはおかしい」とこれからも言い続けたいと思います。行政にも、営利企業にも、非営利事業所にも。

 こうしてまた、ケンカの火種を作るとよこでした。今日はなぜか指がよく動いたなあ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。