ふしぎなメルモ

 今日ある方に、昨日のアレルギー性結膜炎の話をしたら、赤ん坊みたいとのご感想をいただきました。その時ふと、子どものころよく見たアニメ「ふしぎなメルモ*1の主題歌を思い出しました。

 以下は、アニメ「ふしぎなメルモ」の主題歌の最初のフレーズです。

メルモちゃん メルモちゃん
メルモちゃんが 持ってる
赤いキャンデー 青いキャンデー
知ってるかい
ちょうちょは卵に
ベビーは大人に
小さくなるよ 大きくなるよ
スゴイよ
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND2269/index.htmlより

 キャンディーを食べると、以下のようになります。

ミラクルキャンディーの力
メルモに与えられたキャンディーには不思議な力があり、赤いキャンディーを食べると10歳若返り、青いキャンディーを食べると10歳年をとる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ふしぎなメルモより

 私は約1年前に、赤いキャンディーを4つ食べ、赤ん坊に戻ってしまいアレルギーになったんだ。そして同じく1年前に、青いキャンディーを4つ食べ、運動ニューロンが80歳になったんだ。喘息やらのアレルギーとALS(疑い)が、約1年前に突然同時に起こるなんて、やっぱり私はメルモか(^^) で、誰が私に赤と青のキャンディーを食べさせた?! 味音痴・料理下手の私がいつのまにか自分で食べてた?!

 子どものころよく見たアニメの主題歌って、何だか今でも頭に残っている。中学校の校歌も未だに歌える(小学校は転校生だったからか、いじめられっ子だったからか、良い記憶がなく、校歌も覚えてない)。
 でも最近はTVをほとんど見なくなったから、芸能人もアニメもさっぱりわからない。仕事で昨日会った方の顔も名前もすぐ忘れる。昨日のご飯も忘れる。さっきやろうと思ったこともすぐ忘れる(^^) 

 私と同世代でない方、同世代でも「ふしぎなメルモ」を見たことないぞとおっしゃる方には、本日のネタが意味不明なことかと思います。失礼いたしました(–)

*1:手塚治虫による子供向け漫画およびアニメーション作品。子ども向けの性教育を意図した作品でもあります。受精卵や胎児、老女、動物の生態系などの話が出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。