Elephant Grave Yard (象の墓場)

 
 Elephant Grave Yard = 「象の墓場」。死期を悟った象が群れを離れ、墓場に向かう。無数の骨や牙が散らばる墓場に身を横たえ、静かに死を迎えるという神話の一つである。そこには象が残した宝物が眠っているとされている(これは観光客の作り話という説もあるようだけど)。私が利用している作業所の社長が神話がお好きであり、私および私がいるこの場のことを、Elephant Grave Yardと表現された。

 象という動物は、昔からとても不思議に思っていた。鼻が長く耳が大きく足が丸くて太く、かわいらしさには縁がないような気がしていたけれど、象の小さな眼にとても魅力を感じていた。また、私が好きな漢字には「象」という文字が多く含まれている。現象、事象、形象、象徴、象形・・・。象に人がくっついた「像」という字がつくもの(例えば映像、画像、偶像など)より、「象」がつくもの・こと・考え方の方が好きである。

 象について知りたくなり、先日、1冊の本を買ってみた。今週はおもしろい・しんどい仕事でドタバタしていたし、今日はあまりのしんどさで1件仕事を延期してもらったりしたけれど、いつも通り夕食後に少し眠った後、この本を読んでみた。

ゾウの知恵

ゾウの知恵

 目次:生きることの意味、からだの不思議、知恵を活かした生活、心を育てる知恵、愛を知る知恵、死と再生。1〜2時間もあれば読めるやさしい本だけれど、象という生き物の一生を通して感じることができる、エコロジーそして人生の哲学書でした。

 象の眼は小さいから、眼(視覚)だけでものごとを判断はしない。鼻(触覚)、耳(聴覚)、臭い(臭覚)などの五感や、そして体温など信じて行動し、生きている。死期が近づいた象がいると察したら、群れ(リーダーはメス)の大人の象と子供の象が、倒れないようその象の身体を支え続ける。でも最期を迎えた象が眼から涙を流した時、支えることをやめ、倒れた象に木や草を掛けて弔い、そしてまた群れは次の道を歩んでいく。群れの誰かがなくなると、群れはその終焉の地を定期的に訪れる。助け合って暮らしている象だからこそ、一人になることの寂しさも知っている。自分たちの将来の世代、他の小動物、時には人を助けるために、長い長い目で見たエコロジーを忘れない・・・。神話とは少し異なる箇所もあるけれど、概ね同じ。象の生き方とそこから学べることが良く分かりました。

 私は、私が死んだ時、絶対に葬式はして欲しくないと思っている。通夜・告別式などせず、ダンナが先に逝っていなければ、火葬式として火葬場でダンナに送り出してもらえたら充分である。お葬式に限らず、他の方の貴重な時間を割くという行為がイヤだし、その時間をぜひぜひ他のことに有効に使ってほしいと思っている。そしてもちろん、お墓はいらないし、作らない。親の墓に入るつもりは一切ない(親の墓もないけれど)。とはいえ散骨はできないから、永代供養にしてもらえたらこちらも充分である。火葬式と永代供養は生前予約しておくつもりでいるし、信頼できそうな業者さんも探し続けている。気管切開および人工呼吸器装着を拒否することと同時に、火葬式で送り出して欲しいということも、何らかの形で明記しておくつもりである。象と同じように死ねればうれしい。

 私はALS患者だから死(死の直後)について考える機会が多くなるのかもしれないけれど、自分の死(死の直後)のことを設計しておきたい気持ちがとても強い(私は人生設計というこの言葉が好きではないが、ここでは自分の価値観に基づく人生設計という意味で使っています)。死の直後のことを設計できれば、何事にも動じず、落ち着いて今を生きていけるような気がしているからである(言いかえれば、死ぬのが恐くて生きてられるかーってことかな?)。とういことで、そんな気を持ちながら、明日もぼちぼち行き(生き?)ましょう。象のような宝物を残せるかどうかは、これからの生き方次第かな?!

 疲れやすくなったし、ドタバタが続いているので、ほんと久しぶりに本を読んだなあ。そうそう、私の棺桶には納品書を入れておきますね>社長どの(^^)。
 

6 thoughts on “Elephant Grave Yard (象の墓場)

  1. さとりん 返信する

    象って宗教的な動物のイメージがあるわ。
    私達の最後は、象のように墓場まで歩いていけないね(−−)
    それこそ、布団の上でしか死ねない病気(移動が一人で出来なくなるから)

    死後の設計・・私も青写真は出来てるの。
    (葬儀屋のプランも決めてる(笑)、流す音楽まで(苦笑))
    私はとよさんとは反対に、盛大に見送ってほしい派。

    しんみりとじゃなくて、「しぶとかったな〜」とか言われながら(笑)
    やっとお陀仏だよ!って酒飲みながら、笑ってほしい。

    それに遺影も、思い切り笑顔で若作りのやつ用意してさ(^^)
    どんだけ、迷惑かけたかわかってんのか!!って遺影につぶやいてほしい。

    呼吸器はつけないけど、イロウしてさ・・・最後まで太ってて骨を焼くのに時間がかかるの(笑)

    くたばりそうで、持ち直すというのを何度も繰り返して、そのうち誰もいないときにぽっくり逝って、あきれた奴だったと言われながら・・・

    そんな思い通りにいくかどうかわかんないけど。

    最後まで陽気なALS患者でいるのが、私の生き方だし、逝き方。

    象の目は優しいよね! 大きな身体に似合わず・・・
    タイにいる象に乗ったけど、毛が生えてるのよ びっくりした!!

  2. toyokosan 返信する

    さとりん、ありがとう。

    野生動物は、体は元気でも歩けなくなったらその場で横たえるしかないよね。
    そして死期を迎えるのを待つしかないんだろうね。
    私たちはベッドだと思うけれど、野生動物はそれがサバンナ等なんだろうな。
    また野生動物は、元気であっても死ぬまで元気に歩けるとは限らない。
    いつ人間に撃たれて、脚を傷めるか分からないしね。

    さとりんは盛大に明るく見送って欲しいんだ〜。
    いつも明るく、でもちょっぴり寂しがり屋のさとりんらしい(^^)

    私は遺影も用意して欲しくないし、棺おけを開けておさらばの儀式も入らない。
    一度箱詰めしたら、蓋は開けないで欲しい。棺桶に花も入れて欲しくない。
    トラックボール(今はだけど)だけ入れといてくれたらそれでいい。
    死んだらベットかふとんの上からドライアイス入りの箱(棺桶)に移して詰めてもらい、
    火葬場の順番が来るまで葬儀屋の控え室に箱を置かせてもらい、
    順番が着たら火葬場へ運んで、そのまま焼いて欲しい。
    葬儀・墓にお金をかけるくらいなら、日常の生活費などに使って欲しいと思ってる。

    >最後まで太ってて骨を焼くのに時間がかかるの(笑)
    いやいや、温度上昇が早くて、焼けるのも早いかも?!
    私よりエコロジーだったりして(^^)

    >最後まで陽気なALS患者でいるのが、私の生き方だし、逝き方。
    私は最後まで仕事をしているALS患者でいたい。仕事しながら生きて、そして逝きたい。
    もちろん仕事は陽気にね(^^)

    さとりん、タイで象に乗ったことがあるんだねえー。
    象には毛が生えているよ〜。
    白い毛が生えた象もいる(いた)そうです。今は絶滅(危惧)種になっちゃったけど。。

    象は神秘的ですね。眼がほんとやさしい。
    最後の最期に流す象の涙って、最期まで群れを守り戦い抜きながら
    ほんとに大切に取ってあった最期の涙だと思うな。象さんってすごいよ。

  3. ぐりぐりももんが 返信する

    シャムからです。
    タイに住んでいるので、象さんのキャンプへ旅行で見に行きました。チェンマイのメーサーでは、象さんのお絵描きを実演で見せてくれるのです。ちゃんと画家の先生がついて中国風の花の描き方を教えた結果、それはそれは人並みの立派な絵を描きます。
    この他、キャンプにいる周りの仲間を観察して、象を写生する、賢い絵描き象さんがいるそうです。

    http://www.elephantart.com/catalog/aboutus.php
    http://jp.youtube.com/watch?v=jFKUJHTsbUU

    それで、なぜ貴方のブログまでたどり着いたかと言うと、象さんの墓場について資料を探していたからです。
    象さんは、群れの中で亡くなった象の場所を覚えていて、移動の途中に立ち寄ることがあると亡くなった象さんの頭蓋骨を足で触ったりなでたりすることがあると言う、テレビの動物ドキュメンタリーを見た記憶があり、本当なのか確認したかったからです。
    象が自分の仲間を絵に描くことができると言うことは、かなり高度で知的な作業だと思いますので、高等生物には違いありません。きっと、群れの中で生活を共にした仲間を忘れることなく覚えていて、立ち寄っては象さんなりの供養をしてるのではないかと思ってしまいます。
    旅行のガイドさんに聞いたのですが、象の一生は、生まれてから大人の像として象使いと一緒に働き始めるまで14年掛かり、引退するのは約50歳なんだそうです。その後は、野性に返されるそうですが、象使いの主を忘れることも無く、時々えさを与えに行くと山からちゃんと出てきて、主からえさを貰うんだそうです。そして、80歳以上、天寿を全うする象さんがいるそうです。(人間の一生みたいです。)
    そんな、象さんを見ていると、タイの人たちが象さんを愛するのも納得してしまいました。取り留めの無い話で済みませんでした。

  4. toyokosan 返信する

    ぐりぐりももんがさん、コメントありがとうございます。

    シャムにお住まいなのですね。タイとインドに、私はとても憧れています。
    こんなに近距離で象と会える場所があるキャンプがあるなんて、おもしろいですね。

    貼って下さったURL、両方とも拝見させていただきました。ありがとうございます。

    The Asian Elephant Art & Conservation Project (AEACP)の中にある、
    Artist Gallery、すごいですね。象が書いたとは思えないくらい構図がいいですね。

    YouTubeも拝見しました。
    象が耳を振っているのは、それ自身の行為・行動がうれしいから?
    人の役に立っているということが分かってうれしいから?
    それとも象使いの方が耳をうまく操って象の行動を制御されているから?
    いろいろ理由を考えておりました。

    象は14歳から50歳ころまで働くのですね。私と同じかも知れません。
    野生に帰ってもご主人のことを忘れることのない象は、
    本能でご主人の匂い・歩く時などの音・声などを覚えているのでしょうね。

    人間で言うなら、7歳くらいまでの記憶は心のどこかに忘れずに残り、
    その記憶を呼び起こしてくれる場面・機会に出会うことができれば、
    そのころの自分に帰ることができる・・・そんなことをどこかで学んだことがあります。
    象も人間も、子どものころの記憶が、ずっと頭の片隅に宿るのでしょうね。

    私は今回、自分の生死と象の生死を引っ掛けて、ブログの記事を書きました。
    でも、ぐりぐりももんがさんの書いてくださったコメントで、
    象の生き方はやはり人間の生き方に通じ、人間にとって生きた哲学のような気がしました。
    タイの方々が象を大切にし、愛して止まない理由が分かるような気がします。
    象徴という単語の「象」の文字は、象形文字を通して、
    それこそElephant=象さんから来ているのかもしれません。

    面白いお話をお知らせいただき、ありがとうございました。
    象に関して、更に興味がわきました。
    日本でまた、タイやインドそして象にまつわる本を探してみようと思います。

    貴重なコメントをありがとうございました。
    これからも象の哲学を参考に、私は(障害を持ちながら)生きて行きたいと思います。

    ぐりぐりももんがさんの、シャムでのご活躍を願っております。

  5. ぐりぐりももんが 返信する

    こんなに丁寧にコメントで返して下さって、ありがとうございます。
    おいらは、昔、C型肝炎のキャリヤーでした。
    副作用の強いうつ症状の出る薬とか、常に微熱の出る注射とか使いながら、耐えながら時間をかけて治療しました。だから、病気と向き合っている人のブログを見ると、感情が移入してしまい、切なく感じるのです。
    本当に、ブログを通じて世界中の人々と知り合い、声を掛け合い、共感を分かち合える、良い時代になったと思います。
    がんばってください。
    おいらも、タイでがんばってますから。

  6. toyokosan 返信する

    ぐりぐりももんがさん、こちらこそご丁寧にありがとうございました。

    ぐりぐりももんがさん、C型肝炎のキャリアだったのですね。
    私の知人(女性)も5年以上苦しみながら、薬を飲んでいました。
    時には顔色が突然変わったり、突然痛みが走ったりして苦しんでいましたが、
    ようやく薬を卒業できたようです。

    病気は違っても苦しみがあるし、また病気ごとにそれぞれ違った苦しみもあります。
    私の苦しみや障害は取れることはありませんが、悲壮感なく生きています(^^)

    ぐりぐりももんがさんのおっしゃる通り、病気仲間だけでなく、
    世界中でがんばっておられる方々と共感し合い、話し合えることはとてもうれしいです。
    ぐりぐりももんがさんとも、私が書いたたった1日の記事で
    こうやってお話をすることができましたし(^^)

    ぐりぐりももんがさんのシャムでのご活躍を祈っております。
    お体にはくれぐれもお気をつけ下さいね。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。