難病対策って景気対策かい?

 このお国の首相が発表された追加経済(景気)対策を、ここ何日かテレビや新聞、ネット等で見ています。その殆どが資本注入だね。資本注入はもちろん大切だけど、それを差し引けば殆ど事業費が残らないような。まあ、これはいつものパターンか。

 ちょっと不思議に思うのが、難病対策って景気対策かいな、ということ。例えばiPS細胞の基礎R&Dや特許、それらを使った新薬R&Dという意味ではGDP上昇に貢献するかも知れないけれど、難病対策って景気対策とは別立て(一般対策)でやることじゃないの?って思ってしまう。

 難病対策が前向きに進むというのはいいことだけれど、難病対策が景気対策の一環にされるというのはちょっと腑に落ちないなあ。

 それなら、私の筋肉痛・関節痛・胃痛対策も、景気対策に入れてくれないかなあ。身体が痛くて、仕事にならんよ(–)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。