雑誌を読みたい。

 ネットでいろんな情報を見るのも好きだけど、活字の本を見るのもおもしろい。とはいえ、最近は同じ本ばかり繰り返して読んでいるのと、ベッドで寝転びながらハードカバーの本を読むのが辛くなってきた(クッションなどを使いながらでも、手で本を支えることが難しくなってきた)。そのため、何だか自分がマンネリ化してきている、新しい知識・知恵を欲する気力、世の中を批判する気力が低下してきているような気がする。

 私の読む本は、ハードカバーか、ソフトカバーでも本に厚みのあるのもが多い。全て読みきる本もあれば、読みたいところだけ、例えばある1章だけ読む場合もある。単行本(新書など)も時折読むが、ハードカバーの本の方が内容が濃くておもしろい。

 でも、ハードカバーを持てなくなってきたのだから、何か他の本で、何とか手に取れる(支えられる)ものが読みたい。そこで思ったのが、雑誌の購入である。雑誌といってもファッション雑誌や芸能系、小説系、ビジネス系等の雑誌ではなく、時事問題などが豊富な雑誌がいい。

 でも、ここ2年ほど、つまり車椅子での移動をするようになってから、大好きだった本屋さん巡りができなくなってしまったので(特に交通の問題により、大きな本屋さんへ出かけられない)、最近の雑誌の傾向が分かりません。

 取り急ぎ、「文藝春秋」から始めようか。出来ればスーパーの書籍コーナーで売っているものの方が助かるので、文藝春秋があるかどうか確かめないといけないなあ。他にどんな雑誌が面白いのだろう。ネットでしか買えない雑誌でも、面白いものがあれば購入したいな。

 “マスゴミ”系じゃなく、まともなマスコミを読みたいです(そんなのあるんかなあ)。何かオススメの雑誌がございましたら、教えてくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。
 

6 thoughts on “雑誌を読みたい。

  1. いたこ 返信する

     とよこ党首。大きい書店で、読みたい雑誌(定期刊行物)を選んできて、小さい書店で、まとめて、取り寄せにすればいいです。書店が束ねてくれます。週間は、まとめて月間扱いとが、できたと思った。(不安)姉妹のマンガ(リボン&マーガレット)だったけど、やっておりますた。支払い方法は、完全に忘れた。後払いだったかも。

     ネットで調べて、小さい書店に、取り寄せで注文すれば、ハードカバーもくると思う。支払い方法を忘れたのは、手痛いだす。東版&日版の契約が、関係するんだったかも。忘却の彼方だした。すまぬぅ。

  2. マサ 返信する

    もう随分と、本は読んでいません。
    きっかけは老眼鏡+乱視…学生時代は勉強しなかったので…
    視力良かったんですけれども~~~~
    眼科の先生に 学生時代は勉強しなかったから視力良かったのにって言ったら
    それは関係ないですよ!
    と言われました。
    ホント字が大きくないと読めないし…メガネ作ったんですが、今までメガネかけた事無いから
    気持ち悪くなって来るし…
    もう読まなくていいや!

    とよこさん暑い毎日が続いているけれども…ごめんなさいねと言って、クーラーかけましょうね!

  3. toyokosan 返信する

    むにゅパパさん、ありがとうございます。

    いいサービスですね〜。裁断なら800円かあ。持てないものを持っていても仕方がないので、裁断してもらっても構わないしなあ。
    電子データになると、ピラピラっと捲ってみるということができなくなることが残念ですが、何度も手にする本なら電子データにしておく価値がありますね。

    また一度、サービスを利用してみます。ありがとうございました♪

  4. toyokosan 返信する

    いたこ幹事長どの

    リボンとマーガレットかあ。懐かしいなあ。私は「小学*年生」の本を定期購読していたけれど、親が支払ってくれていたので支払方法は不明です。何となく、月末に本屋さんが集金にこられていたような気がするんだけれど。

    ハードカバーの本はアマゾンの方が到着が早いんだけれど、雑誌はアマゾンで買っても売り切れていたり、発注して届く頃にはもう内容が古くなっていたりするから、近くの本屋さんで定期購読する方がよいかもしれませんね。

    あ、でももう、田舎の我が家付近には、本屋さんがありませ〜ん。結局は買いに行けということか・・・。

  5. toyokosan 返信する

    マサさん、ありがとうございます。

    私は本は読みませんよ。見てるんです。どーいうこっちゃ???と思われているかもしれませんね。
    目次やら前書き・後書きなどを読み、ぴらぴらっとページを捲りながら見出しやキーワードを見てみたりして、どこを読もうか決めます。極端な時は、たった1行を読みたいために、本を購入することもあります。
    今はアホほど本が並んでいますから、選ぶ時もピラピラっと見てから買うかどうか決めています。

    私も目が悪いし、学生時代にそんなに本を読んでいたわけじゃありません。でも、本は読むものではなく見るもの、見て面白ければ読む、という考え方に変えてからは、本に触れる機会が増えました。

    私も目が悪い、視力が低いだけでなく、近視も遠視も乱視もあるし、おまけに斜位(目玉の位置が少し斜め向いている)まであるから、プリズム眼鏡をかけて矯正しています(このレンズが高いんだよね〜)。でも疲れてくるとプリズム眼鏡をかけていても複視になってしまうから、活字を読むのは辛いし、眼鏡をかけていること自体しんどいです。

    眼鏡はなれないと気持ち悪いでしょうね。私は小学校3年生から眼鏡をかけているから、眼鏡がないと逆に気持ち悪いです。

    今日も「エアコン止めれば原発止まる」に逆らって、クーラーをかけています。この標語の言いだしっぺである大阪府は、関電から電気を買っていない(節電しなくても十分電力がある)んだから、笑わせてくれますわ。
    大阪府に呼吸を止められたくないから、今日もエアコン使ってます^^ 恐いものは、今月の電気代だけだー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。