明日でお別れ。

 先程、とよダンナから、明日10時にスバルさん(販売店)に行くで、と聞きました。2ヶ月程前に発注した軽四の福祉車両が出来上がったとのこと。金曜日に工場からスバルさんに納車されたことは聞いてはいましたが、その後、手続きなどがあるから、ウチへの納車はもう少し先だと思っていました。

 明日なん?、知らんかったと、とよダンナに聞き返しました。福祉車両に買い換えることを最終的に決意したのは私ですが、今のスバルのステラ(軽四)と明日でお別れなんて。。私が運転できた最後の車で、脚が悪くなっていくたびに事故をすることが増え、最後はオカマ事故(解決済み)を起こして運転を諦めた私に付き合ってくれていたステラくん(ウチでの愛称)。たった5年のお付き合いだったけれど、ありがとう。涙が出てくるよ。

 明日に納車される福祉車両は、スバルで販売されていますが、(トヨタを介して資本提携している)ダイハツとのOEM供給で作られたディアス(Dias)ワゴンです(ダイハツではアトレー(ATRAI)という名で販売されているワゴン車)。今まで乗っていたステラを、5年落ちの事故車の割には高く下取りしてくださったので、中古で買うのと同じくらいの価格になりました。これで、とよダンナに電動車椅子を畳んでもらってステラの後部座席に乗せてもらうという、腰を痛める動作をすることなく、電動車椅子を積んで出かけられます。

 しかし、モノは納品されても、カネは伴っておりません。1年ローンでの返済ですが、障害年金と特別障害者手当を合わせても返済額はそれより上回ります。生活費のことも考えたら、もっと仕事しないと。う〜ん、電動車椅子で、手が少し不自由でもできるパートの仕事を探すか?!
 

2 thoughts on “明日でお別れ。

  1. 希望 返信する

    ステラ君、愛着がありますよね、僕は車好きだからその気持ちよくわかります。
    まして不自由な体をどこにでも連れて行ってくれるから、思い入れは強いですよね。
    新しい車がきたので、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

    中小企業診断士は奇遇ですね、僕も受験しました、平成11年度の1次試験に合格しましたが、2次は落ちました。
    1次試験はすごく勉強しました、飲み会の付き合いがあるので朝4時に起きて、また、夏休みが1週間あるので7月の1か月間金、土、日を使って必死に勉強しました。中小企業対策は暗記するのに苦労しました、休日は1日に15時間は勉強しました。こんなに勉強したのは生まれて初めてでした。
    1次二次ストレートで合格するのは4〜5%だったと思います。僕は「資格の大原」に通ったのですが、僕の50人クラスにはストレート合格は1人もいませんでした。模擬試験では合格圏内に入っていたのですが、本番に弱かったのだと思います。
    仕事が忙しくなったこともあるし、制度も変わってしまいました。もう1回2次試験の受験資格はあるんですよ。

    でも中小企業診断士の勉強を通じて、経営に興味がわいてきて、仕事に必要だったこともあり都内の大学の経営学部に編入して2年間通って16年3月に卒業しました。
    仕事で勉強したことが役立って実績も上がり、発言力も増して、これから組織統合に向けて動き出そうとした矢先に発症しました。人生ってうまくいかないもんですね。

    とよこさんは優秀なんですね、すごいと思います。この試験に受かった人はただ者ではないと思います。(この試験の難しさは身に染みています、たぶん応用力が必要)その知識や能力を使わないともったいないと思います。
    これからもいろいろと教えてくださいね。

  2. toyokosan 返信する

    希望さん、ありがとうございます。

    ウチのガレージからとよダンナにステラくんを出してきてもらい、ロゴを触りながら5年間のあれこれを思い出していると、涙がでてきました。でも、スバルさんに到着してからは、車椅子収納の操作方法を覚えるのに必死になってしまい、最後はステラくんに手を振ることすら忘れてしまいました。

    私は診断士の1次試験を、一度目はたった3ヶ月の勉強で受験し、見事玉砕しました^^ その後、1年間で1次・2次と連続して合格し、3次の実習に入りました。
    なんせ経営と経済の区別も良く分からないところから受験勉強し始めたので、自分のアホさ加減をこれでもかというぐらい認識させてもらえました。

    でもその後、MBAを取ろうと受験した大学院を落ちました。診断士資格ホルダーでMBAコースを落ちたのは私くらいでしょう^^ まあ、非営利組織の研究をしたいといったので、MBAでは受け入れてもらえなかったのかもしれません。
    その後、博士前期課程を総合政策修士として修了し、別の大学の博士後期課程(経営学研究科)に入学しました。でも、論文を1本も書かないまま、病気になってしまい、すでに3年休学しています。大学院の事務局からは、単位取得退学を促されています。

    私は優秀じゃありませんよ。診断士の試験は、あくまでも主に「経営学」の知識を官僚レベルと同等に身につけているかどうかを問われているだけで、それで「経営」が出来るようになるわけではありません。「経営」すなわち商売を応援しようと思うと、知識も大切ですが、それよりも知恵が必要となります。

    そんなこんなで、私は“ひよっこレベル”で止まってしまっている診断士です。こちらこそ希望さんにアドバイスをいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。