とよダンナ、誤診だったかもしれない。

 本日、ものすごい待合の中、とよダンナがもう一度、私の通うリハ病院に出かけてきました(同伴通院?!)。私が、リハDrではなく、非常勤の美人(らしい:私はお会いしたことがない)女性Drの方を指名し、そちらの先生に前回撮影したCTやレントゲンを再度、確認してもらいました。

 その結果、左の腎臓が腫れている(これは昔から言われていることです)ので、それが尿管を圧迫しているか、その腫れているところに尿管結石があるかもしれないので、私も通っている親方ALS病院の泌尿器科を受診し、造影剤検査をすることになりました。非常勤のDrは、レントゲンを見ても大腸から内膜が飛び出している形跡がないし(つまり大腸憩室炎の可能性が低い)、憩室炎で痛みが起こっているとは思えないと仰ったそうです。その証拠に、抗生剤は今回は出ませんでした。

 これまでの一週間は何だったんだ。リハDr、先週の受診の際にちゃんとレントゲンをみて、大腸憩室炎の疑いと診断してくれたんだろうか。CRPが少し上がっていたから、そう判断したのだろうか。ベテラン医師だし、大抵の病気は見てくださるけれど、今回の件で、ますます(以前からちょっとあった)疑いの気持ちが増してきました。

 とよダンナの仕事柄、11月〜12月は大忙しになります。日・祝も仕事に出かけていることがあります。これで1週間入院なんて言われると、スケジュールが組めないどころか、仕事がこなせません。

 どうせなら先週に診断をつけていただき、検査を受けてもらいたかったです。明日からよりも、まだ仕事量はマシだったのに・・・。

 私も4日(金曜日)に親方ALS病院の循環器内科を受診するので、その日にとよダンナの初診予約が取れたらなあと思っております。明日リハ病院から、初診予約を入れてもらう予定です。受診できるかなあ。その日に造影剤を使った検査もしてもらえるといいんだけれど。別の日にまた検査に来いと言われても、行けないしね。困ったもんです。