国会で言えよ。

 どじょう首相が、国会を通さずにTPP参加を決めました。これって、民主主義に対する大きな裏切りですよね。国民を侮辱するにも程があるよ、あんた。

 ・・・以上、とりあえず途中まで。

8 thoughts on “国会で言えよ。

  1. いたこ 返信する

     社会経験がない人々(村社会)なので、新しいおもちゃを、もらった子供のような態度をとるんだよ。国会で説明しないのは、許せん。松下政経塾の、1期生もたいしたことないかも。タヌキぽいけど。マスゴミが、騒ぎすぎかも。アメ車はみないもん。コカコーラとマクドぐらいかも。まったく、わかりません。(笑)2世3世議員も、ほぼ、つぶれたので、これからかもぉ。国民を馬鹿にしてるのは、事実です。

  2. ぐりぐりももんが 返信する

    とよこさん、
    アメリカの自動車産業は、日本のTPP参加を反対しているそうです。
    そりゃそうだ。
    輸入関税がゼロになれば、ハイブリッド車の競争力は、アメリカじゃダントツになりますもの。
    それでいて、あちらの農業団体はTPPに参加してもらいたいらしい。
    実は、アメリカは自由貿易の国じゃありません。
    関税と非関税の障壁が日本より高い側面があり、自動車産業も農産業も保護されています。
    変な国だよ。

  3. munixyu 返信する

    いやっ、これでいいとおもうよ
    ここで参加表明せんかったら
    いまごろアメさん、おいかりで大きな原爆おとされてるよ

  4. toyokosan 返信する

    いたこさん、ありがとうございます。

    今日のブログにいたこさんが書いておられたように、TPPってモノやサービスだけでなく、ヒトについても大きく変えてしまいますよね。なんせ国内法より上位のルールになるTPPですから、海外からどんどん人件費が安く済む人員を導入してくる可能性もありますよね。

    アメ車は、結局、アメリカが日本向けに市場を開ききれなかった結果、ほとんど見なくなっていますよね。でもそのルール、つまり道路交通法も変えられるのかも。今から左ハンドル練習しておかないと(車に乗れなくなったけど^^)

  5. toyokosan 返信する

    ぐりりん社長、洪水の被害は少しでもマシになりましたでしょうか。

    日本から見た自動車産業と農業のTPPに対する動向と、アメリカから見た自動車産業と農業の動向は、逆もまた真なりとでもいうのでしょうか。自国に有利な関税は変えるつもりはないのでしょうね。

    そもそもなぜTPPというものが必要になってきたのか、その意図が私には腑に落ちません。2国間のルールじゃ、アメリカは満足できなくなってきたからでしょうか。

    アメリカの考えることは、本当に良く分かりません。

  6. toyokosan 返信する

    パパさん、ありがとうございます。

    日本がTPPに参加してもしなくても、オバマンは原爆落としそうな・・・。
    参加しなければ、なぜしないと言いながら原爆を落とす。参加表明したらしたらで、参加表明が遅すぎるからと日本は話し合いにすら参加できないし、それに対しもし遺憾を示したのなら、後から来て偉そうに言うなと、これまた原爆ものでしょう。

    TPPも悪いことばかりではないかと思いますが、個人的にはTPPそのものよりも、民主主義が奪われていくこと自体に怒り心頭です。日本の民主主義も褒められたものではありませんが、それを再構築していく機会を奪われるのは残念でなりません。

  7. いたこ 返信する

     だめです。鹿児島は、方言がひどくて、簡単に、外国人の就業に結びつきません。国会議員は、そんな簡単な、常識もわかっていません。浅草と麻布でも違いまする。(笑)

     党首しっかりしてください。テキサスなまりの、英語は、なにを言っているのかわかりません。いたこが、経験したのは、カナダ生まれのテキサス育ちの、アメリカ人で、アジア担当副社長です。カタコトも、なにも通じません。ちゅって、アメリカが、なにを仕掛けているのか、わかりません。

  8. toyokosan 返信する

    いたこさん、再度ありがとうございます。

    いろんなサービスのコールセンターが沖縄にたくさんありますよね。補助金がでるのも1つの理由ですが、訓練すれば仕事上は標準語で話ができるということなのでしょう。

    中国に進出した企業さんも、最初はいろんな方言に戸惑ったけれど、統一言語を使うこと、標準語化された(?)英語を使うことによって、仕事上の指揮命令は出来ているよとのことでした。

    言語はどうにでもなる、というのが企業では一般化してきているような気がします。国会議員はそういった企業の努力を知らずに、方言のことも知らずに、結局は何も知らずにものごとを進めていっているだけでしょうけれど^^

    そのうち、日本語がなくなるかもしれませんね(–) 全世界、きっちりした文法による英語が標準語となるのかもしれません。そうなると、国会議員に引っ付いて歩く通訳がふえそうですね〜。国会議員になるんだったら、語学力を身につけておいてほしいな。もちろん、自分のお国の方言も忘れずにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。