情けない男達、その2(その1は既出の青鬼さん)

 昨日、書くつもりがないといいながら、やっぱり書いています^^ 書くことで、あほらしさを発散しようと思いました。今日は美容院(男性1人で経営)の話です。

 約1年ほどお世話になった、訪問カットに来てくださっていた近隣の美容師さん。美容師を指導する学校を卒業され、講師の道を歩むか、店を作るか悩まれた結果、1人で店をする決断をなさいました。カットの技術がとても良く、何といっても切るスピードが速い、速い。首を支えてもらわなくて済む前に、カットが終わります。

 しかし、予約日を忘れられたり、電話するという約束を忘れられたりすることが良くありました。私の方も店が忙しくて訪問カットにいけないという時に、私から店に行きますと約束したのですが、身体が起き上がれなくてキャンセルしたことがあります。けれど、責任を押し付けるわけじゃないけれど、予約日を忘れられることの方が圧倒的に多かったです。

 そこで私は、「ご迷惑をお掛けするので、多人数で経営しておられる美容院か、車&車椅子で通える美容院に行くことにします。お世話になりました」と、メールを送りました。

 その返事にビックリ。「とよこさんのところには、正直、行きたくなかったんですよ。僕が歓迎されていないみたいだから。以前、ご主人(とよダンナ)が風邪か何かで寝込まれている時にカットに行ったことがありましたが、その時、ご主人からお礼の言葉がありませんでした。僕は本人そして家族の笑顔が見たいから、何件かの訪問をさせてもらっています。僕なら、いくらしんどくても、起き上がってきて“ありがとうございました”と頭を下げますね。それがなかったから、貴方のところには行きたくなかったので、清々しました」とのこと。は?、貴方、何様ですか?

 その返事に、「そうですか。できれば高齢者と若年障害者のニーズの違いを知っていただければうれしく思います」と書いておきました。そうするとこの方は、そのメールを『返信』ではなく、『強制返信(?)』(中身は見たけれど受け取らないという意思を伝える方法、らしい)されてこられました。私は、送信者は分かるけれど、タイトルがヘンテコな添付ファイルのついたメールを受信して、直ぐにウイルスだと思って消去し、「ウイルスに掛かっていませんか?」とメールしました。

 またまたその返事が「僕に対する嫌味ですか? 貴方は何が言いたいのですか? ウイルスってどういうことですか?・・・(ひたすらいろんなことが書いてある)」とのこと。もう呆れて返事する気も起きませんでしたが、「別に嫌味ではありませんが、PCの世界はウイルスが蔓延しているので、他のお客さんに迷惑が掛からないようにメールしただけです」と送信しました。

 ここで、送受信は止まりました。美容師の講師の資格まで取った方がこんな経営じゃ、教わる方も経営の勉強は出来ないだろうなあと思いました。ちなみに、こちらの美容院は固定客が少なく、浮動客を捉まえて経営されています。携帯メールを登録することにより、それで予約を取る(予約したい日を知らせるだけですが)システムとなっています。加えて、携帯メールに週に一度、美容院からの情報を送ってこられます。内容は、美容モデル募集やら、髪の手入れやら、他店の悪口やら・・・。

 店の前を車で通りかかっても、受付にいらっしゃることが多いので、経営はあまり上手く行っていないのかもしれません。私はこの男性経営者に対し、子どもを育て、家も注文建築で作られたばかりだからか、何かあせりのようなものを最初の頃から感じていました。

 結局、私は、某ショッピングセンターにある、カットはあんまり上手じゃないけれど、車椅子ごと店に入れる美容院に行きました。シャンプー台まで歩いていけないから(高い段差があるので)、霧吹きだけで対応して欲しいとお願いしたら、そうしてくださいました。ただ、お願いだから、霧吹きの水はぬるま湯程度にして欲しいなあ。冷たい水が髪に掛かる度に、心臓がバクバクするんですから〜。

 ということで、やっぱり書いてしまった、情けない男達第1弾でした。あ、リハの青鬼さんが第1弾だから、今日の美容院の方は第2弾になるかな^^