3月に心臓疾患で緊急入院した義母が、退院命令を受けてしまいました。救急病院だから運ばれてくる患者数が多く、急性期から慢性期に入った義母は退院せざるを得ません。もちろん施設(老健)には待機が多すぎて入れません。あと数日のうちに退院して欲しいとのこと。いきなりの通告だったので、家族の意見がまとまらないまま、本人に何も話せないまま、在宅看護・在宅介護に切り替えざるを得ません。あるいは転院先を探すか。

 家族は医療や介護制度のことが分からないので、動きにくい私が動かざるを得ません。高齢の(少し認知症傾向も見られ始めてきた)義母には、私がALS患者であることを話しできる状態ではありません(なので車椅子姿も見せられない)。他にも障害のある家族がいるので、こちらも大変です。

 さて、どうなることやら(–)  とりあえず、仕事しようっと。今日は3月50日。3月は60日を超えそうな感じだなあ。
 

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)