リバティ大阪、市からの補助金中止決定。

 やっぱりやりおった。これでハシシタ市長の身分は隠せたわけだ。

 リバティ大阪は、同和問題だけでなく、さまざまなマイノリティを支えており、大阪にはこのような施設は他にありません。

 ハシシタは、マチュイ知事に近代および現代史の様々な説を比較できるような施設を作りたいと、マチュイ知事に100億円出してくれと言ってきました。知事はもちろん断りましたが、それならリバティ大阪でできるようにすれば良かったのです。

 今回の結果を見て、ハシシタ市長は弁護士として、ありとあらゆる手法を使って、自らの出自を合法的に隠せるようにしたとしか、私には思えません。

 相変わらず卑怯で、スクラップばかり考え、ビルドは何も考えず逃げて行くハシシタさん。サッサと政治または行政の世界から立ち去ってくださいませ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。