ステキな靴下をモニターとしていただきました<7/3追記>

 昨日の靴下の続きを少しだけ。

 2回目の洗濯後は、整形せずに干しました。くしゃくしゃになった梅炭ソックスをそのまま履くと、殆ど元に戻りますが、少しだけシワが残ります。私がモニターさせていただいた靴下は紫だったので、シワが少し目立ちました。外からは見えないところにできたシワでしたので、誰も気がつかずで良かったです(誰がそこまでアンタのことを見んねん、という突っ込みは置いといて^^)。

 そんな訳で、みなさん、干す前には形をある程度整えて、シワを伸ばしておいてくださいね。

 以上、へろへろモニターの追記でした。ALSもしんどいけれど、心不全もしんどいぞーとぼやいている、とよ猿でした。
 

5 thoughts on “ステキな靴下をモニターとしていただきました<7/3追記>

  1. マサ 返信する

    とよこさん お久しぶりです。
    心不全大丈夫ですか? 大丈夫ではないんですよね・・・
    ただでさえ辛い身体なのにどんだけやって来るんだ、身体不良が!
    とよこさんは、冗談混じりに書いているけれども
    私は、ダメですね最近は足がガクガクで見た目にも、筋肉が落ち窪みができています。
    そんなんで、落ち込みテンション思いっきり低いです。
    そんな足を見て、冗談の一言でも言えたらな〜
    分かっていても、ここの所受け止めきれずにいて 受験生の息子もチョットピリピリムードで
    我が家は、変な空気が漂っています。
    ごめんなさい愚痴ってしまいました。

    暑くなって来るんで、熱中症に気を付けましょう。

  2. toyokosan 返信する

    マサさん、ありがとうございます。お久しぶりですねー。

    まだ今の病院からALSと認めてもらえていないご様子。病院を変えるというより、他病院の「セカンドオピニオン」をもらいにいったらいかがでしょう?

    私も膝は、ふたこぶらくだになりました^^  ふくらはぎに力がなくなり、本物?の膝の下に、腱が伸びてきて膝太状態です。全身太いけれどね(–) 膝折れして困っております。

    受験生がいらっしゃるとピリピリするよね。せめて、近所にリハビリはありませんか? 身体が少しでもラクになると、イライラ感が少しでも減ると思うよ。んで、先生には聞きにくいこと(答えにくいこと)も、リハのセラピストさんから何かが判るかも入れないしね。

    外が真夏日になる前に、よろしければ探してみてくださいませ^^。
    いつも応援していますよ〜。

    心不全のお陰で、いくら早く寝ても、少し遅く寝ても、結局は睡眠妨害(発作が出る)の運命で夜間は殆ど眠れませんす(–) ギャッジアップの角度を90度ぐらいにし、ニトロと強心剤、頭痛薬(喘息を犯す成分の入っていないもの)と冷えピタを揃えて、ベッドに入るようにしています。

    どうかこの夏を乗り切りましょうね。リハビリを行っている病院を探して、通ってみる(ないしは訪問)してみるのもいいかも。先生とは異なり、また違った情報が入ってくるかもしれないよ。

    これから益々暑くなるから、お互い気をつけましょうね。暑いと呼吸と心臓がしんどいよー。

  3. マサ 返信する

    とよこさん、コメントへの返事ありがとう御座いました。

    何だかいつも緊張しっぱなしの様な気がしていて
    元気に見せていると言うか、子供には心配かけたく無いので辛い表情を見せない様
    主人は、単身赴任で家に居られない事を気にしているので大丈夫な様に振る舞い
    母親には、疑いがあると思うと伝えた時点で泣かしてしまい母親の泣き顔を見たくないので、元気そうにして
    友人には、今まで通りの自分だよと又々無理して元気ぶる。

    自分が一番不幸だとは思わないが、精神的にキツイ時があり
    軽い鬱状態が波のように来たり行ったり・・・
    メールで本当の思いを打ち、そして誰にも送れず削除する
    そんな事をしています。
    そんな時にとよこさんにコメントいや、愚痴ってしまいました
    その返事に いつも応援していますよ〜の文字を見つけ 涙が出てきてしまいました。
    ん〜どんな感情って言ったら良いのか上手く言えませんが・・・
    友人には、頑張ってとは言われる事はあるんですが 応援しているは初めてでした。
    頑張っては、上手く言えませんがプレッシャーと言うか私には辛い言葉何だか他人事の様で
    勿論友人はそういうつもりでは無いですが、だから元気そうにして頑張ってるよって・・・

    受験生の息子に、頑張ってとは言わない様にと決めました。
    応援しているからねにします。

    何だか自分でもよく分からない文になってしまいました(いつもですが)
    ただとよこさんに今の気持ちを伝えたくて、この文では伝わらないか・・・

    返事はいりません。

  4. マサ 返信する

    何度もスミマセン
    私、完全な甘えですね
    悲劇のヒロインにでもなった様な・・・
    とよこさんのブログに訪問され、私のコメントを読み気分を害された方がいましたら
    スミマセン。

  5. toyokosan 返信する

    マサさん、コメントありがとうございます。

    みんな同じだよ。
    人前、とくに知り合いでは強くいたいもん。
    自分の弱いところを見せられる人って、きっとケアをしてくださる方になると思うなあ。
    私も実際、そうだしね。理不尽なことなど、看護師さんに聞いてもらっていました。

    マサさんのコメントをみて、嫌な気持ちや悲劇のヒロインだなーなんて思う方はいませんよ。みんなそれぞれ家庭の事情が異なるから悲しみ方は異なるかと思うけれど、マサさんの場合、家を1人で守らないといけないというプレッシャーが、悲しみを大きくしていると思います。

    今は、いずれ何らかの病気だと分かった時に、1人暮らしをしながら療養する練習をしているんだと思って、何が不便?どうすれば不便が解消される?と言ったように、具体的に物事を考え、実際に少しだけでも実行してみるなどすると、自分は今の状態から乗り越えようとしているんだ、と思えるのでは?

    頭の中で抽象度の高いことばかり考えていると、机上の空論の繰り返しになって、それがかえってウツっぽくなってしまう1つの原因だから、実際に架空でいいから(一人暮らしも架空ということでいいから)、何か行動した方がよいと思います。行動すると、夜に泣くこともなく眠れるようになるからさ。

    あとは、正しく恐がることが大事です。情報が錯綜している状態やあまりない状態で恐がっても、いつまでもその状態から抜けられません。私自身は、医学書を読みました。誰かの体験談も大切ですが、まずは医学書で人間の身体のことを知ったり、神経生理学のことを知ったりして、神経に関するいろんな病気を学びました。他には看護師さんが読むようなハンドブックなども読みました。リハビリの本も読みました。

    もし、さとさんがALSでなかったとしても、正しく勉強しておけば、ドクターにもいろいろな質問ができます。私は今でも、医学書に載っていないような出来事(例えば膝がふたこぶらくだになったこと)に遭遇しても、ドクターに質問して答えに納得が出来ました。それも太ももの筋肉の作りを知っていたからだと思います。太ももの筋肉が減ってくると、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の腱(筋肉の端)が膨らんで支えようとしているというメカニズムが分かりました。

    他には以前にブログで紹介したけれど、柳澤桂子さんと仰る方の、30年以上に渡る病名の分からない闘病生活についての本を繰り返し読みました。私も医学的には典型的なALSといいにくい、良く分からないところがある、とドクターに言われ続けています。その気持ちを整理してくれたのが、柳澤桂子さんの本でした。この方の闘病生活に加え、医療に関する問題提起もされており、しょっちゅう病院に通う自分にも、しっくり来るところがたくさんありました。この方の本でなくてもいいから、自分の苦しみを自分で考えながら解決をしていった方の本を読んでみるのもいいよ。

    何か行動してみようよ。頭だけで考えていたら、悲しくなるよ。今の想いを打ったテキストは、私のブログのコメントに貼ってください。マサさんのグチとして受け止めるのではなく、それならこんな行動をしてみたら?って分かる範囲で(プロじゃないので)お返しできますよ。最近PCに触れる機会が少なくなったので、お返事が直ぐ出来ないかもしれないけれど、必ずお返事するからね。

    長男さんには、応援してるよーとお声がけしましょう。がんばれーというと、これ以上がんばれないと言うことになるかもしれないからね。私はマサさんを応援しているよー。マサさんも私を応援してくださっていますよー。お互い、応援野しあいっこしましょ♪

    いつでもコメントくださいね。書くことは頭(心)の整理につながるからね。そして何か行動してみましょう。しんどくなっても使いやすいキッチンにする、とかでもいいからさ。

    またコメントお待ちしています。マサさんを応援しているよん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。