寿命とは、予め決められている生存期間。

 またまたコピペですが、なるほどと勉強になったのと、iPS細胞について私が思うことと重なる部分があったので、掲載します。ヤフー知恵袋からです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<質問>植物に寿命はあるのでしょうか?
植物に寿命はあるのでしょうか?
野菜や草花は寿命があるのはわかりますが、樹木はどうなんでしょう?

たとえば、桜は樹齢が高くなると花をつけなくなるという話は聞きました。
老木という言葉どおり、老いることでいいのでしょうか?
それとも、大きくなりすぎたので、ただ単に花のぶんまで栄養を回せないだけなのでしょうか?
やっぱり、老いるということは寿命があるのでしょうか?
では、樹齢何千年の屋久杉にも寿命はあるのでしょうか?
なら、桜と屋久杉の寿命の差はなんなのでしょうか?ただ単に、遺伝子の問題なのでしょうか?それとも桜も屋久杉同様、環境に恵まれていれば、どこまでも生きていられるのでしょうか?

動物なら、全ての動物には寿命が存在するのはわかります。
全ての生物が細胞で出来ているのなら、やはり全ての植物にも寿命は存在するのでしょうか?

<回答>ベストアンサーに選ばれた回答
 樹木の中には寿命が無いものがあります。屋久杉は寿命が無い種類に入ります。
 屋久杉の場合、あの樹木全体が生きているわけではありません。ほとんどの部分が既に死んでおり、生きているのは幹の先の部分や根の一部分などに限られます。
 屋久杉のように数千年も生きていると、個体の部分ごとに細胞のDNAが異なってきます。つまり、葉っぱの細胞と根っこの細胞のDNAが異なっているのです。このDNAの差が大きくなると一生命個体として自己維持は出来なくなると推測されますが、植物が異なる種で接木が可能なケースがあることを考えると、そうなるには数万、数十万年かかるかもしれません。それは寿命と言えるのではないかと考えるかもしれませんがそうではありません。寿命とは、予め決められている生存期間のことです。
 樹木による寿命の差は遺伝子によります。植物に限らず寿命がある生物には、寿命を決める遺伝子が存在しています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011890385?fr=rcmd_chie_detail より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

2 thoughts on “寿命とは、予め決められている生存期間。

  1. マサ 返信する

    とよこさん 寒暖の差が大きいですが体調管理大変ですよね
    私は、体調が良くないと寒冷蕁麻疹がでます
    ここんところ、蕁麻疹が出ていなくても身体中痒い様な気がして・・・
    掻くと身体から白い粉が落ちてきます
    それを、コロコロで掃除 そんな毎日です

    屋久杉、勉強になりました。
    何処かは死んでいるとは分かっていましたが・・・
    同じ個体なのに場所によってDNAが違うとは・・・
    寿命は、決められていますが 運命は、自分で変えられると思っているので
    小さな小さな目的を一つづつクリアするよう努力しながら生活していこうと思います
    (でも運命の意味が幅広すぎて分からない、その時の気持ちで変わっています)

    先日の 青雲分かりますよ~~~~~
    朝に聞くと一日耳に残っている事があったような、なかったような

    あいかわらず、何が言いたいのか分からない文で ごめんなさい

  2. toyokosan 返信する

    マサさん、ありがとうございます。ちゃんと意味が分かるコメントですよ^^

    私も今まではこれだけアレルギーを持っていても、蕁麻疹は出なかったです。なのに、ここ1ヵ月ほど、夜中に蕁麻疹発生!することがでてきました。
    1つは利尿剤(ラシックス)の副作用だろうなと分かったのですが、もう1つ、何故かは分かりませんでした。
    そっか、寒冷蕁麻疹だ。私のベッドのマットレスはロホマット(空気の入った小さなぽこぽこした風船のようなものが並び、後は吹きさらしのようなマットです)なので、空気中の温度も寒くなり、自分自身の身体も冷えているので、ロホのぽこぽこも暖まらないんだわ。夏バテが激しかった原因も最初は分からなかったのですが、ロホのためだと夏が終わる頃に気が付きました。
    マサさんは蕁麻疹を何で対処しておられますか? 私は今のところ、ステロイドを飲んでいます。クリームも塗っているけれど、そんなの関係ねー、と古いギャグどおりの有様です(–)

    屋久杉ってすごいよね。DNAがどんどんかわっていくんだもんね、それも「自然」に。これも生態系の中で生きていく方法なのかもしれないけれど、常に新しいDNAを作り出していると思ったら、とても神秘的です。
    私は運には逆らわないようにしています。努力して帰られる運もあると思います。けれど私はあえて運と共に生きようと思っています。人間も広い意味の自然に逆らわないようにしようという気持ちからです。

    星雲で笑えました〜^^ 同世代ですねー。上はどうやら働き盛りだった団塊のおじさんは分からないようで、分かってもらえた方の下の年齢は30歳代後半ぐらいまででしたー。今のギャルには通じないんだね(そもそもギャルがこのブログを見ることはないだろうけれど)。自分も歳を取ってきたんだなあ、「詐称28歳」だけど^^

    また何気ないコメントをお待ちしています。マサさんとお話しするのが楽しみです〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。