歳を取ってからの方が、桃の節句を楽しみたくなるなあ。

 今日は桃の節句。おひなさまの出番です。今のおひなさまは昔と違って、顔がたまごを横にしたような、横長顔をしていますね。とってもかわいいのが多くなりました。

 子供の時、確か親が(じいちゃんかも)おひなさまを買ってくれました。小学校低学年くらいまで飾っていたけれど、別に飾りたいと思うようになり、それ以降はおひなさまとは無縁になりました。上述した今風のものと異なり、昔風の人形の顔が恐かったという気持ちもあります。

 それが今になって、おひなさま、お内裏様とお雛様だけのかわいいらしいものが欲しくなってきました。というより、モノはなくてもいいから、おひなさま気分を味わいたいと思うようになって来ました。

 何がそうさせるのでしょうね。詐称28歳の前期ばばあに突入した、私のノスタルジーだろうか。「集う」ということが激減し、寂しくなってきたからかな。

 今日はケーキも何もなく、ダンナをアッシーにして先輩のなごみさんと少しの時間を共にし、帰って来ました。ケーキも何も用意せず、普通の夜が更けていきます。

 あかん、左手が動かなくなってきた。これにておしまい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。