全身の振戦が止まりませ〜ん。

 早朝から、全身が振戦まみれでした。腕や脚だけならまだしも、呼吸筋や腹筋まで振戦しています。内臓周りの筋肉が振戦すると、気持ち悪くてたまりません。私は抗痙攣剤(鎮痛補助剤全般)とどうも相性が悪いので、パキシルで対処しています。すっきりと振戦が止まるわけではありませんが、身体の緊張が幾分かラクになるので、振戦も少しラクになります。

 でも、持続性がない。それに1回2錠(20mg)×1日2回まで、それ以上飲んだら絶対ダメだよとリハDrに念入りにご注意を受けているので、2回まででガマンしています。仕方がないから、後はデパスワイパックスで、身体の緊張を落としています。でも振戦を軽くするという意味では、パキシルよりは効き目が弱いので、やっぱりすっきりしません。

 明日はリハ病院と本院のダブル診察です。月曜日の夜にある本院の診察はしんどいです。近所の病院じゃないし、せっかくケアしていただいた後だからなあ。たぶん異常のない筋生検の結果を、正式に聞いてきます。PLSのことも、話をしてみます。

 話は変わりますが、義長兄・義次兄の世帯がぐちゃぐちゃになってきています。義長兄は仕事がほとんどないといってノイローゼ気味。義次兄とのケンカが絶えず、義次兄もパニックしています。妖怪ヘルパーさんにお願いして、義次兄のヘルプ(生活介護)のデモを義長兄の見てもらおうと思ったけれど、結局、直前にドタキャン。仕事がないのにそれどころじゃないというのが理由です。仕事がなくて、24時間兄弟が一緒にいるからケンカするんであって、少しでも他人介護が入れば義次兄も落ち着くし、義長兄もその間ゆっくりしてもらえるのにな。

 先日、久しぶりに仕事が入り、出かけてきた様子。でも熱中症になり、今、義長兄はダウンしています。義次兄も熱中症と、もともと弱い気管支がまた辛くなってきたようで、咳をしながら寝込んでいます(体力があまりないから・・・)。年齢的にも今の仕事には無理があるから、いつ見切りをつけるのか検討して欲しいと前回ウチに来てもらった時に話をしたけれど、近隣に住む同じ会社の若手職人が毎日仕事に出かけているのをみて、かなり悔しい様子。でもそれは年齢的に仕方のないこと。ましてや義長兄と義次兄で1.5人分の給与をもらっているのだから、1人分で済む職人さんの方に仕事が流れるのは仕方ありません。

 いつまでも働ける仕事をしませんか?義次兄が障害者であるということを活かして働ける場を作るからそこで仕事をしませんか?と伝えています。でも、今の仕事がもっと減った時にという返答の繰り返しです。それじゃ体力的にも次の仕事に移ることはできないよ、と何度も伝えています。また今週に生活費の補填の件でウチに話をしに来る予定ですので、年齢と障害を考えた仕事の仕方を、義長兄・義次兄に提案していくつもりです。私はぶっちゃけ、自分の身体を引きずるだけでしんどいんだよー。1つの考えに固執しない生き方をしようよ>家族のみんなへ。ウチの親家族も含む。

 振戦が強く、日中はPCが全く打てず。また仕事が進まなかった。。せっかくの日曜日だったのに(日曜日に仕事する方が間違っているって? フリーターに休みはありません^^)。そろそろ首が絞まってきたぞ。ヤバイバイ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。