PEGカテーテル内部を洗うブラシを購入しました。

 PEGから注入をする時に使用する用具一式のなかで、イリゲーター(バケツ)からチューブまではPEG管理病院にていただくことができ、汚れてきたら交換することができます。でもチューブにつなぎ、PEGボタンに差し込むカテーテルは、PEGボタン交換時にいただくだけで、汚れても交換ができません。カテーテルだけの販売も、私の使用しているボタンについては行われていません。

 また、4ヶ月以上経たないと、医療保険を使ってPEGボタンの交換ができません。でも4ヶ月も経つと、カテーテルはドロドロです。まるでずっと歯を磨いていないクチから物を食べているみたいです。カテーテルの内部を漂白しても、汚れは取れません。そこで、以前から買ってみようかなと思っていた「PEGドクターズネットワーク(PDN)」のショップで売られているカテーテル掃除用のブラシを、先日購入しました。そして昨日、訪看のmountさんに使っていただき、掃除をしていただきました。
 
 http://www.wisecart.ne.jp/peg001/9.3/4692/ (PDNショップより)
 ※注:全てのカテーテルに使用できる訳ではないので、HPの注意事項をご参照下さい。
 ドロドロとこびりついていたもの(恐らくエレンタールの残渣)が、このブラシに引っ付いて出てきてくれました。ブラシを触ってもらうと、ネトネトしているとのことでした。カテーテルもきれいになり、ようやく歯磨きを終えたような気分です。ブラシには50cmと75cmがあり、いずれも1,500円(送料込み)です。私は50cmの方を購入しました。注文してすぐに届きました。まだお金を払っていませんが(−−)

 話は変わって、また義長兄たちのことですが、相変わらず義次兄の障害区分認定調査のために市役所に出向いてくれません。おまけに義長兄ととよダンナが二人して、(健常者である)義長兄の仕事や生活が落ち着いてから(障害者である)義次兄のことを考えたらいいやん、と申しました。これには私は頭がキレました。「健常者の生活が安定してから障害者のことを考えるのか。それじゃ遅いんだよ。だいだい、健常者の生活が安定するっていつのことやねん。一生、安定しない可能性の方が高いやろ。そうなったら、障害者は一生、誰にもヘルプを受けられないまま、苦しまないといけないんやで。」「でも今は、義次兄は何とかなっているから。」「それは身内の健常者からみた見方や。義次兄が心身の安定を図ることができているかどうかは、身内の健常者ではわからへんこともあるんやから。種別は異なるけれど同じ障害者の私から見たら、心身の安定は図れていないと思う。」・・・。

 そんなことを言い合っている最中、幸か不幸か義次兄が夏バテと風邪で倒れてしまい、自宅で寝込んでいます。義長兄は調理が全くできないので、いつもスーパーで買い出ししています。でもしんどい時に、脂っこい料理なんて食べたくないでしょう。こういうときに、障害のヘルパーさんに来ていただき、調理をお願いすることもできるんだから(緊急で来ていただけるのかどうかは分からないのですが)、障害区分認定調査に行こう、という話になりました。明日、私も一緒に、3人で市役所に出かける予定です。できれば義長兄の自宅に市役所の職員さんに来ていただけると体調の良くない義次兄も助かるのですが、それなら他の日に・・・となると、せっかくのチャンスを逃しかねません。

 明日、市役所の担当者がいらっしゃるかどうかも分からないので、調査が実現するかどうかは分かりませんが、トライしてみます。実現した後は、妖怪ヘルパーさん、どうぞよろしくお願い申し上げます。障害年金の返事がまだ来ないということについては何度も私に聞いてくるのに、ヘルプの話になったら必要ない、だもんね。身内の過去から現在における気持ちも分かるけれど(特にセーフティネットにも引っかからない世帯だから)、健常者の身内の偏った固定概念のもとで生かされる障害者はもっと不幸です。健常者も障害者も同じ「船」に乗ってから、一緒に生活のことなどを考えていきたいと私は思っています。ただ、私も体調が良くなく、歩くことができなくなってきています(−−) 辛いなあ。
 

4 thoughts on “PEGカテーテル内部を洗うブラシを購入しました。

  1. ぽんた 返信する

    話にならないご様子 辛いですね。今でも不安要因てんこもりなのに
    緊迫感のない男たち ご苦労が何倍もーーー。危ない船に乗ってることに気付きたくないんでしょうね。暮らしていけるんなら 何も言いたくないですし、ましてとよこさんが ある意味養っているんでしょう(-"-)なら 言うとおりに動いてほしいですね。健闘を祈ってます。この暑さ辛いですから 気を付けて下さいm(__)m

  2. toyokosan 返信する

    ぽんたさん、ありがとうございます。

    男どもは危ない船に乗りすぎて、感覚がマヒしてしまったのかもしれません。
    バブルの時代は仕事もたくさんあったし、そんな時代から抜け出せない商店街の一部の商店の方のような感じです。あるいは、過去から家族問題が絶えない家庭ですので、今の状態が「平穏」と感じているのかもしれません。

    私は結婚後しばらくしてから、お金を渡したり、物入りの時は出費してきています。知的の兄だけは救わないと、という思いからそうしてきました。健常者だけなら、自分で何とかしろーと言っているでしょうね。

    とよダンナもあれこれ考えをめぐらせて悩んでいるようです。でも行動に移す策がぜんぜん出てこない。私が行動すべきことをいうから、それをしてもらいたい、と何度も伝えているのですが。。

    まあ、苦労があるということは、ある意味、鍛えてもらっているということだから、これからの自分自身の試練に向けたプレテストと捉えてがんばります。いつも応援ありがとうございます。

  3. のんち 返信する

    母を自宅で介護して1年、最大のストレスだったカテーテルの中の汚れ
    熱い湯で柔らかくして揉んで揉んで、洗って洗って
    酢を中に滞留して….、毎日注入の度に何十分も四苦八苦。

    洗うブラシが無いか、いろんな人に聞いたけど
    誰も知らず諦めてました。

    昨日ブラシが届き、おかげで一気に解決しました。
    ありがとうございました。
    本当に助かりました。

  4. toyokosan 返信する

    のんちさん、コメントをありがとうございます。お母様の介護中とのこと、どうぞ無理なさらないでくださいね。

    PEGドクターズのHPが、まだあまり浸透していないためか、あのブラシは知らない方が私の周りにもいらっしゃいます。以前いらしてくださっていた訪看さんもご存知ありませんでした。
    栄養チューブならお願いすれば週1本位なら病院からもらえるけれど、カテーテルは胃ろう交換時だけもらえるものだから、私の場合は3ヶ月に1つだけ頂いています。最近は昔のものと合わせて使うようにして最新のカテーテルが汚れていく時間を出来るだけ長くするようにしています。

    私のブログが役に立つことがあるんかいな〜と思っておりましたが、本当にお役に立て、またご丁寧にお礼までいただけて感謝しております。また何か情報がございましたら、お互い交換できればと思います。どうぞまた、こちらのブログへ遊びに来てくださいませ。最近は病気の進行や心臓の調子が悪かったりで、更新回数が減ってきてしまっておりますが・・・。

    こちらこそ、ありがとうございました。とてもうれしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。