科学は尊敬するが、科学には憧れない。

 今日NHKで、ips細胞の特集がありましたね。私は全てを見ていませんが、ところどころだけ見ました。この番組に限らず、科学の番組というのは、演出が派手なような気がします(科学に限らないけれど)。番組自体の科学が必要な気がしました。

 私はips細胞をはじめとする科学を尊敬しています。でも決して憧れることはしません。言い換えたら、研究は進むだろうけれど、応用(私達の身体が治ること)については裏切られる可能性が高いと思っているからです。

 科学に限らず、人間と人間の関係もそういう風に感じています。尊敬している方とは今もお付き合いが続いているけれど、憧れていた方にはいつのまにか裏切られていました。私がそういう態度を、自然と取っていたからかもしれません。

 ・・・科学のこと、もっと書きたいことがあるのですが、今日はケア(吸引)についての話をしたので、その結果を先に記します。

 ケアマネのAriさん、妖怪へルパー事業所のサ責さん(大妖怪R子さん)、昭和アニメヘルパー事業所のサ責さん(お蝶夫人)と私の4人で、今後のヘルパーさんへの吸引指導について、今日、話し合いをしました。

 その結果です>訪看riverさん&mountさんへ

  • Ariさんより:私の今のサービス時間以外の時間で吸引指導をお願いします。
  • サ責さんお二人より:早いめに日時(候補を複数下さい)を決めてくだされば、お二人に時間を空けていただきます。関係しているヘルパーさんも、極力、入ってもらうようにしていただきます。ただ、その時に応じて、来られないヘルパーさんもいらっしゃるかもしれません。その時は、サ責さんから指導をしていただきます(訪看さんにお尋ねするかもしれません)。
  • サ責さんお二人より:指導日以外に、自分で自己吸引したり、ヘルパー同士で吸引の練習をしたり、私に吸引を試してみたりと、いろんな方法で吸引を練習してみます。指導日以降に、分からないことなどお聞きするかもしれません。よろしくお願いいたします。
  • とよこより:吸引のカテーテルは、リハDrのところでもらえないのかどうか聞いてみます。先日たくさんのカテーテルの箱を抱えて訪問に行ってらしたので。。

 また何かありましたら、あるいは日程&時間候補がでましたら、来週にでも私にご連絡下さい。どうぞよろしくお願い申し上げます。