誰のためのプランだろう。

 今朝から、喉や気管周りに膜が張ったような感覚が取れませんでした。リハに出かけ、徒手による痰切りをしていただき、随分ラクになりました。クレープでも貼り付けたんかなあ^^

 私の仕事の中で、事業計画を立て、実行するということがいくつかあります。国や府の認定を受けた計画の場合、進捗にブレが生じたら、ある程度はOK、かなりズレるのなら変更申請を出さないといけません。プランと言うのは、実際に行動に移すと、なかなかその通りに行かないことが多々あります。なので柔軟性が大切です。何か環境変化に遭っても、舵取りができるようにしておくことが事業計画を作るコツの1つでもあります。

 そんな毎日を送る中で、自分の仕事とケアプランを頭の中で比較していました。介護保険の場合は、訪看さんやヘルパーさんなど各専門家にプラン通り動いてもらうというのが趣旨であり、自分(企業さん等)が行動するためのプランではありません。まずそこが、私の仕事との大きな違いです。

 では、誰のためのケアプランなのか。私のことだけではなく、一般論として、各専門家と市町村のためにあるような気がしてなりません。「サンドイッチは家族が作れる『おやつ』である」・・・どこにそんなことが書かれているのでしょうか。サラリーマンをしていても、昼休みにサンドイッチを食べることはありませんか、主食として。

 私のケアを担ってくださっている方々を責めている訳ではありません。私の健康のことを考えてくださっているお気持ちは十分通じております。ただ気になるのが、一般論として、ケアプランには「決め付け」が多いのではないか、ということなのです。食べられるものを何とか食べようとしている患者(利用者)が食べているものは、健康な方からみたらおやつかもしれません。でも、食べることに苦しんでいる私にとっては、食べられるものが「主食」なのです。

 今日は昭和アニメヘルパーの秘密のよしこちゃんに、焼きめしと焼きなすを作っていただきました。おいしかったです。ありがとうございました。特に焼きなすは、久しぶりに手作りのおいしさをとても感じました。でもやはり、食べることが苦しいのです。今日と明日の2日間でゆっくりいただこうと思っています。

 一般論ですが、ケアプランと言うものは、衣食住、いずれをとっても「決め付け」(ないしは「縛り」)が多いですね。経営に柔軟性がないとうまく舵取りをできないのと同様、生活にも柔軟性が欲しいと切に願っています。今のケアプランの立て方で、この国の介護を求めている方々の、一体どれだけの方が幸せに暮らしておられるのでしょうか。自分の幸せのために、自分で舵取りできる方がどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。
 

 何度も書いて申し訳ございません。私のケアをしてくださっている方々を責めている訳ではないのでご了承くださいませ。
 

2 thoughts on “誰のためのプランだろう。

  1. さとりん 返信する

    いや・・・・・サンドイッチはおやつではありません!!
    ちゃんとした食事でしょ〜〜 ご飯がパンに変わっただけで、野菜もチーズもハムも卵も入ったすぐれもの。。。
    焼き飯もサンドも一緒やん!!

    うちの地域で聞いた話だと、手作りケーキも大丈夫らしいのに、場所変われば厳しいのね。
    ところで何でおやつは駄目なん?

    いっそのこと、自分でケアプラン立てちゃう????

  2. toyokosan 返信する

    さとりん、ありがとうございます。

    私のプランの中には「特別な調理」(ヘルパー)と書かれています。これは初期の頃から書いてくださっている言葉で、当初は大学芋などを作ってもらうことができるように、こういう表現にしておきますと聞いておりました。

    でも特別な調理という言葉の中には、おやつ作りは入らないそうです。シチューやら焼き魚やらを一人分作ることが調理だそうです。そのための食材購入(お買い物)は介護保険では禁止されていて、自費にて行ってもらわないといけません。一体、何が特別なのか、「特別」の定義を知りたいです。

    加えて、介護保険(生活介護)の時間と、自費で行う時間の仕事をぴっちり分ける(できれば違う方が入る)ことが求められており、今日の買い物をお願いするということもできません。事前にいくつかメニューを聞いておき、事前に自分で買い物をしておかないといけません。でも、そのメニューが、当日、私の身体が受け付けてくれるかは分かりません。病院のようにメニュー一覧方式になりそうです。食べることが楽しみの方には嬉しいスケジュールでしょうけれど、入院中にこのメニュー一覧を見るだけで吐き気がしていた私にとっては、苦しみの大群にしか見えませんでした。

    自分で立てるケアプラン、何度も何度も考えました。でも結局、辞めました。ケアプランには請求業務が引っ付いています。今月分は来月3日までに提出、来月分の予定は今月25日までに提出等の細かい請求業務に対応できないと、他の事業所さんに迷惑をおかけすることになります。今の私ではそこまで対応できる余裕はないので、諦めることにしました。

    介護保険の厳しさを憂いに思っているというより、利用者本人の意向が介護保険では認められないという現実があることに、私はとても悲しい思いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。