「過呼吸」になりました。

 うつ猿とよこです。昨日はいつの間にか机の前で眠ってしまいました。加えてなぜか、ほとんど書き終わっていたブログを消してしまっていました。

 今日、初めて「過呼吸」を経験しました。調子の良くない状態が続くので、どのDrでもいいから診察を受けようと思ったら、書類作成のため閉じこもって?いらっしゃったリハDrが診てくださいました。CRPはゼロだったので、ノロウイルスではありませんでした。そこで処方箋を書いていただき、かつ「ビーフリード点滴」を静注後、リハ室でまた順番を待ちながら眠っていました。薬は薬局がもう閉まっていたので月曜日までもらうことが出来ません。

 でもだんだん、息が苦しくなってきました。身体は寒くないのに手足の先だけ寒く、ピリピリしてきます。そのうち胸が苦しくなってきてきました。これはヘンだと思い、誰にも何にも伝えずに(余裕がなかった)あわてて看護師さんのところへ走っていくと、自律神経の症状だねとのこと。再度、リハDrが出てきてくださり、これは「過呼吸」だよ、2週間ほど調子が良くなかったから、それが原因で過呼吸を起こしたんだろうとのことでした。小さいビニールの袋を少し隙間を空けながら使って、自分の呼吸を再度吸い込みました。お陰で何とか体内のO2とCO2のバランスが元に戻り、呼吸は少しラクになってきました。でもピリピリ感が取れないので、そのまま処置室のベッドで寝かせてもらい、そのベッドの上で主に胸郭を広げるリハをしていただきました。顔が真っ青だったそうです。

 午後3時30分には妖怪お姉様ヘルパーさんがお越しくださいます。その時間に合わせて、運転手さんに送っていただきました。ギリギリ間に合いました。何も食べたくなかったのですが、身体を温めたい&何かお腹に入れたいと思い、大好きな白味噌のお雑煮を作っていただきました。あと、ぜんざい他も作ってくださいました。私は食べている時間以外は、ほとんど眠っていました。お姉様、申し訳ございません。

 「過呼吸」を経験された方なら感じることかもしれませんが、またあの発作がやってきそうという思いを断つことが出来ません。喘息の発作とはまた異なるので、ちょっと恐いです。昨日はそういった不安とそれに対する薬(デパスパキシル)を飲みながらも、眠るのが恐かったのかもしれません。痛み止めの座薬(アンペック座薬)も挿入したしね。。なので一晩中、机の前でうとうとしていたのかもしれません。。

 何度も「過呼吸」を体験されておられる方っていらっしゃいますでしょうか? 別に死につながるものではないけれど、恐怖ですね、あれは。。