ダメージが大きい。

 今年最後のご訪問である訪看riverさんと妖怪ねこヘルパーのたまちゃんが帰られてしばらくしてから、私はベッドから降りてトイレに行きました。その後、ベッドに膝をついて上がろうと思ったら、膝がすべって身体が滑り落ちました。

 たまたま近くにあったイルリガートル台(胃ろうなどをかけておく台:キャスター付のもの)を掴んだため、余計に身体が引きずられてしまい、腰を打ち、肩を打ち、手首を打ち、更に手を打ってしまいました。もちろん左右両側です。特に右手はいつもの動かし方と全く異なるようなコケ方をしてしまったので、指がなかなか動いてくれません。このブログを書くのも、もかなり力を入れないとキーボードが押せない状態です。

 年末にやってしまいました。年末年始はメールのお返事デーにしようと思っていたのに、筋肉休めになりそうです。メールのお返事がまだの方々、申し訳ございません。ぼちぼち進めます。

 大学の同級生のたけさんに送ってもらった鹿児島産安納芋を、ヘルパーさんに細長い大学芋にしていただき、リンゴ(王林)のジャムと一緒に春巻きの皮に巻いて揚げ焼きにしていただきました。オレンジ色のお芋、固そうで柔らかいお芋、そしてとっても味の濃いお芋でした。ありがとうございました。今度は焼き芋にして、皮を剥いて柔らかく練りこみ、芋きんとんにします。

 手の限界がやってきました。明日も何とか更新できますように。ケアマネさん、訪看さん、ヘルパーさん他、今年もありがとうございました。来年もまたよろしくお願い申し上げます。
 

2 thoughts on “ダメージが大きい。

  1. いたこ 返信する

     キーボードは、パンタグラフ式のものが軽いです。触りにいけるなら、ストロークが短い銀の「Apple Kyeboard」がいいかも。いたこが使ったことがあるキーボードで、一番軽いです。キーボードにうるさい..いたこは、これを使うと、他のには戻れないと思う。

     今年もお世話になりました。よりよい新年をお迎えください。ちゅって、明日は「あけおめ」ちゅってコメントを書きまくるんだよぉ。(瀑)

  2. toyokosan 返信する

    いたこさん、ありがとうございます。

    ここ数ヶ月、ミニキーボードをお持ちの方にお借りして、そちらを使っていました。左右の指の運動は格段にラクになりましたが、キータッチが硬いので打つことに相当疲れてしまっていました。
    昨日、以前から持っていたLogicoolの薄型キーボードに変えてみました。キーの硬さはラクになりましたが、キーとキーの間が広すぎたり、左右の運動が大きすぎたりでこちらもまた問題ありです、

    「Apple Keyboard」を探してみます。ウチは大阪の田舎なので、見に行って探すより、直接買った方が安くつくかも^^ HPでみましたが、あの薄さは感激ですね。

    話が変わりますが、いたこさんが以前、実験としてwikiを試してくださったのは何と言うwikiでしょうか。私も少しwikiの勉強をしようかと思っており、Pukiwikiあたりがいいのかな?なんて思っております。そして出来る限りこちらでHPを作り、わからないところや細かいところをいたこさんにご指導いただこうかと考えております。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。