目の前の現金が大切か、自分達の生涯を守ることが大切か?

 食べ物のおいしい九州は佐賀県へ、義長兄と義次兄を連れて出かけてきました。60歳までに身に着けておくべきマナー等を全く身に着けていない兄弟と一緒に行動することは、私もハラハラの連続だし、営利法人の作業所社長K氏にも散々ご迷惑をお掛けいたしました。

 今回の話の1つが、義長兄・義次兄が「自分達の生涯を守る」ための方法を考えること。それを作業所の仕事をもって、得ることが出来るようにしていくことです。でもそれに向けての基本的知識や大局から考えることが出来ない彼らは、どうしても「目の前の現金」に走ります。義長兄の仕事は繁閑の差が激しいので、日数調整をちゃんとしないと生活保護が飛びかねます(義長兄の世帯の場合、義次兄の障害年金が収入と見なされるので、実際に働いた分よりも高い収入を得ていることになります)。

 だから「長くコツコツと働く」と言う選択肢の加えて欲しいのですが、義長兄にはまだまだ理解してもらえそうにありません。K氏も私も、いつまでも彼らの隠れケースワーカーとして動ける訳じゃないのだから、少しは学んでいってもらいたいのですが。。K氏を疲れさせ、私自身も非常に疲れる旅となりました。でもやっぱり九州はいいなあ。何度行っても、憧れます。

 私個人的な反省点は、BiPAPの結露を山間地様式に変更して考えていなかったことです。日中はそこそこ暖かいけれど、やはり山間地。夜は底冷えします。つまりBiPAPの結露がたまりやすくなります。ホテル備え付けの椅子にBiPAPを載せてベッドに横付けし、ホースを極力布団の中に入れましたが、顔までは布団の中に入れることができません。

 なので、BiPAPのホースの差込口と、顔に近い側のホースの結露が激しく、1時間に1回起きて、結露を出すということをしないといけませんでした。今度、寒い時期に佐賀へ出かける時は、手軽にできる結露対策を考えていかないといけません。

 また1つ、勉強になりました。ウチで実験してみようっと。

 それではおやすみなさい。明日はとよダンナが、仕事仲間との新年会に出かけます。私も温かいもの、食べたいなー。明日は豆乳ごま鍋(スープはもちろん市販品)を作ろうかな。